ことでん・JRくるり〜んきっぷを使って香川でお得に移動!

小豆島、金刀比羅さんやうどんで有名な香川県。

 

金刀比羅さんは御本宮まで、石段を785段上がってからが本番です。奥社までの約600段は綺麗に整備された道ではなく、水も売ってないので結構疲れますが、達成感のあるお参りです。

●金刀比羅さん御本宮

出典:うどん県旅ネットHP:https://www.my-kagawa.jp/

●ここを左に曲がると奥社への道が

出典:うどん県旅ネットHP:https://www.my-kagawa.jp/

また、小豆島は関西から簡単にフェリーでアクセスすることができ、二十四の瞳の舞台、魔女の宅急便のセットなど見どころも多く大人から子供まで楽しめます。

●姫路から小豆島へのフェリー

●二十四の瞳村

●寒霞渓

正直、昔は香川県というと「うどんしか無いじゃん」と思っていましたが、いざ行ってみると遊ぶところや見どころが沢山あって全然楽しかったです。

 

県内の移動についても県庁所在地である高松から東西南北に電車が張り巡らされており、車が無くても困りませんでした。(小豆島は電車が無いため車が必須)

 

電車は便利なんですが、地方の電車は意外と高い。。。高松から金刀比羅宮にお参りに行くために琴平までJRで行くと片道870円です。

一方、ほぼ同じ走行距離のJRを考えると大阪と京都の距離なんですが、こちらは570円。

大きな都市と比べて人口が少ないから必然的に電車に乗る人が少ないのに路線の維持費は変わらないから地方の電車は高くなりがちなんでしょうか。

 

愚痴っても仕方が無いですが、地方へ旅行に行った時の交通費は小出しにしているから自覚し難いもののちゃんと計算すると、結構な額になっていることが多々あります。

 

そんな移動費ですが、実は県によって割引が効く場合があります。

 

ことでん・JRくるり〜んきっぷ

香川県では、ことでんとJR線が一日中乗り放題になる「ことでん・JRくるり〜んきっぷ」がお得きっぷとしてネットや県内の駅で販売されています。

 

1960円で県内の電車が一日中乗り放題となるため、色々観光に足を伸ばせば交通費が1000〜2000円くらいお得になります。

 

うどん県旅ネットで公式にPRされており、香川で電車移動するなら是非買っておきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

旅を愛するオジサン。 妻とはオシャレ旅をするが、オジサン同士のダラダラ旅や、登山で単独行も好き。 47都道府県全てを旅行するのが目標で、行って良かったとこ、密かに狙っているところを紹介していきます!