密かな人気の仁淀ブルー!SNOW PEAKも進出してるよ

高知市の西に位置する仁淀川、密かなブームを巻き起こしています。

水の透明度が日本有数ということでインスタなどにもアップされ始め、高知に詳しい観光雑誌やサイトにも掲載されるようになってきています。

アクセスは電車などは無く、車のみです。

はりまや橋がある高知市内から大体1時間くらいで到着することができます。

お盆の時期に行きましたが、まだ全国的には有名では無いせいか、道路は比較的空いてました。

仁淀ブルーは高知の癒しスポット!

最近仁淀川の上流で密かに人気となっているお茶屋さんがあると高知の地元ネットワークで知りましたので、行ってまいりました。(妻が高知出身)

密かな人気のお茶屋(池川茶園)

池川茶園は、高知県仁淀川町池川地区にある、茶農家の女性で立ち上げた、お茶にこだわったスイーツ工房です。

仁淀川町(によどがわ)は四国山脈のほぼ中心部にあります。
その名のとおり、美しく雄大な仁淀川が流れる自然豊かな山の町です。
旧くは江戸時代にお殿様に茶を献上してきた歴史もあるほど、お茶の栽培に適した土地柄で、中四国では一番の生産量と高い品質を誇る隠れた名産地です。

しかしながら、このおいしいお茶は、歴史的に全国の茶産地とおなじく荒茶(仕上げの一歩手前のお茶)として静岡市場に販売されてきたため、茶匠など業界の方には高く評価されてきましたが、一般の方にとっては仁淀川茶はむろん、土佐茶としても知られることはほとんどありませんでした。

私たちは、茶農家として少しでも多くの方に、高知県にもおいしいお茶があることを知っていただき、ぜひ味わっていただければ、という思いから、本格的なおいしいお茶とお茶スイーツが楽しめる「池川茶園」を立ち上げました。

出典:池川茶園HP:http://www.ikegawachaen.jp/concept/index.html

ホームページを読むと、実は美味しいお茶でありながら仕上げ前のお茶(製品になる前)であるが故に、名前が有名でないとのこと。

どんな業界でも同じことが言えますが、中間製品を作っているところって本当に名前が出ませんよね。

自社で最終製品にまで仕上げて世の中に売り出すにはにはブランド化、流通、品質保証など、その物自体が良くても、どうにもならないことは多いです。。。

でも、有名どころに採用されているということは、物自体はいいんですよ!

池川茶園さんはイートインも可能で、ほうじ茶パフェや煎茶パフェなどもお茶と一緒に提供しています。

夏の季節に合わせた澄んだ味わいのお茶を出してくださって、美味しかったです。

パフェはほうじ茶と煎茶味の二つを食べ比べましたが、ほうじ茶味の方がさっぱりとしていて、個人的には好きです。

池川茶園のすぐ横に仁淀川が流れており、仁淀川を眺めながらイートインで頼んだパフェやお茶を飲むことができます。

池川茶園のイートインを楽しんだ後は、目の前の仁淀川に降りていくことができます。

水が透明過ぎてヤバいです。

何の画像か分からないくらいに水が澄んでいます。(川の水面をスマホの接写で上から撮ったものです)

キャンプしておられる方もおられまして、夏場には隠れたキャンプスポットとして賑わっています。

SNOW PEAK


出典:SNOW PEAKおち仁淀川 HP:https://sbs.snowpeak.co.jp/ochiniyodogawa/

そして終に、2018年の4月からキャンプ用品で有名なスノーピークが、仁淀川で「スノーピークおち仁淀川」という名前でラフティングできるキャンプ場を営業し始めました。

登山を齧っている人なら知らない人は居ない、SNOW PEAKです。登山しない人でも、おしゃれなマグカップなどは見たことがあるのではないでしょうか?

トイレやシャワーなども付帯している綺麗なキャンプ場なので、彼女や奥さんがアウトドア好きでキャンプ宿泊が大丈夫ならオススメですよ!

仁淀川はインスタなどでも、有名になりつつあるので早めに行かないと予約できなくなるかもですね。

宿

SNOW PEAKは信頼して良い宿泊施設ですがアウトドアは好きだけど宿泊は普通の旅館やホテルがいい、というタイプなら近くに一軒だけオススメできる宿があります。(というか、周りに泊まれる所が其処しかない)

池川茶園から高知市側に10分ほど車を走らせたところにある、「土佐和紙工芸村QRAUD」です。


出典:土佐和紙工芸村QRAUD HP:http://www.qraud-kochi.jp/

内湯、露天風呂のほか、サウナ、水風呂まであり食事も提供してくれる綺麗な宿泊施設です。

仁淀川は今後人気が出る観光スポットになりそうな匂いがするので、空いている今の内に行くことをオススメします。

●全国版の記事
たびすぽホームページから

●高知県の何処に行こうか悩んでいる場合は、高知県全体のざっくり説明とオススメの高知県観光公式サイトを纏めた記事をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

旅を愛するオジサン。 妻とはオシャレ旅をするが、オジサン同士のダラダラ旅や、登山で単独行も好き。 47都道府県全てを旅行するのが目標で、行って良かったとこ、密かに狙っているところを紹介していきます!