意地でもゲット!高速・夜行バスをなんとかして予約する方法とは?

高速バス・夜行バスは時として、電車や飛行機よりも便利なときがあります。

例えば、以下のような例があります。

  • 仕事終わりに、目的地へ行きたいとき電車や飛行機では間に合わないが夜行バスを使えば、睡眠を兼ねながら翌朝には目的地に着くことができる。
  • 電車では何回も乗り換えが必要で回り道、飛行機では距離が近すぎてフライトが無いときに高速バスを使えば、最短距離で電車よりも速く目的地に着ける。

場合によっては、とても便利な高速・夜行バスですが、1つ大きな問題があります。

 

電車や飛行機でアクセスしにくく、高速・夜行バスが便利になる路線は人気で直ぐに予約が埋まってしまうことです。

 

今回、意地でも高速・夜行バスを予約する方法について説明します。

意地でもゲット!高速・夜行バスをなんとかして予約する方法とは?

高速・夜行バスの予約はバスの窓口、会社、インターネットの3箇所で受付可能な場合がほとんどです。

 

キャンセル待ちをする場合、1番高い確率で空きを確保できるのはインターネットを介した方法です。

 

窓口、会社、インターネットの内、窓口、会社で予約する場合は必ず予約受付を担当する人がいます。担当する人は空き情報を常に確認できる訳ではないので、どうしても空き情報にタイムラグが生じます。

 

例えば、真夜中にキャンセルが入ったとして、窓口や会社の担当の人が空きを確認できるのは翌日です。人気路線の場合、夜中にインターネットから予約されて、翌日には席が埋まってしまいます。

 

したがって、あなたもインターネット経由でキャンセル情報を確認する必要がありますが、会社によって、インターネットでのキャンセル待ち受付をしているところと、していないところがあります。

 

では、インターネットでキャンセル待ちを対応している会社は何処なのでしょうか?纏めてみました!

 

全国のバス路線を取り扱っているバス会社で調べた結果、インターネットでキャンセル待ちをできるところは「WILLER EXPRESS」しかなかったです。

*さくら観光もインターネットでキャンセル待ちが可能と記載がありますが、試してみたところ不可。

 

その他は電話でのキャンセル待ち受付や、窓口への問い合わせなどで対応しているところが多く、日本旅行のバスぷらざや、高速バスネット、発車オーライネットなど大手でも意外とインターネットでのキャンセル待ちは対応していません。

 

貴重なインターネットでのキャンセル待ちシステムですが、それぞれのバス会社が取り扱うバスの特徴について説明します。

WILLER EXPRESS

高速・夜行バス業界では、そこそこ有名です。最安値よりも少し高めの価格設定ですが、エグゼクティブタイプやコクーンタイプなどのゆったりしたバスが多いです。(もちろん4列スタンダードもありますが)

 

長時間バスに乗る場合、ゆったり座れるバスの方が疲れが少なくて快適なのでオススメです。

 

3列の夜行バスの場合、

  • フットレスト
  • wifi
  • 飲み物
  • トイレ
  • カーテン 
  • ブランケット

などが据え付けられています。特に、カーテンがあると個人スペース感があって凄くリラックスできます。

キャンセル待ちの方法

WILLER EXPRESSのホームページにアクセスし、まず3列独立、4列などの乗りたいバスシートを選択します。

次にあなたが住んでいる場所から何処に行きたいのかをリストから選択すると、空席照会画面へと移ります。

 

お盆は人気で、仕事上がりの金曜の夜に夜行バスを使うと、翌朝には実家のある街へ帰省できるので便利なんだそうです。

 

空席照会画面で、「キャンセル待ち」と書かれたボタンを押すと、キャンセルが出た時に連絡するメールアドレスを入力する画面が出てきます。

 

キャンセルが出た場合、すぐに見れるメールアドレスを登録すると、キャンセルが出次第、メールが飛んできます。

 

メールのリンクから、あなたが指定した日付の空席をクリックして、インターネットで手続きすれば予約完了です。

なんとしてでも、高速・夜行バスを使いたい場合、インターネットからキャンセル待ちできるのは大きなメリットです。

電話や待合所でキャンセル待ちするよりも確実性が高いので、活用すべき機能です。

高速バスWILLER EXPRESSのシート一覧

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

旅を愛するオジサン。 妻とはオシャレ旅をするが、オジサン同士のダラダラ旅や、登山で単独行も好き。 47都道府県全てを旅行するのが目標で、行って良かったとこ、密かに狙っているところを紹介していきます!