熱いぞ渋温泉!千と千尋の油屋のモデルの宿も?

長野市から北東に20kmほど離れた場所にある渋温泉。スキーやスノーボードをする人は、スキー場までのアクセスが良いことから利用することも多いそうですが、知っている人は少ないのでは無いのでしょうか。

 

しかし、実はちょっとしたことで有名な温泉でもあります。それはジブリの映画「千と千尋の神隠し」の油屋のモデルになったかもしれない宿があるということ。

 

一般的には、台湾の九份がモデルと言われていますが渋温泉の「金具屋」と呼ばれる旅館がモデルであるという噂もあります。

  • 台湾 九份
  • 渋温泉 金具屋

カメラセンスが全く無いので、スマホだと上手く撮るの厳しいですね。

 

千と千尋の神隠しの「油屋」に似ているか判別は難しいですが、こないだニコンの1眼レフ買いましたので、以後活躍する予定です。

 

話は逸れましたが渋温泉には他の温泉とは、ちょっと異なる二つの特徴があるので、その魅力を紹介します。

 

あっちっち渋温泉!江戸っ子大満足 渋温泉の魅力とは

温泉の温度

実は1300年前に開湯した日本古来の温泉で「有馬温泉」、「玉造温泉」とならんで枕草子に登場するほど由緒正しい温泉です。

 

街並みもノスタルジックな感じで、とても落ち着きます。

 

戦国時代には、かの武田信玄の隠し湯として利用されてもいました。何故そんな温泉が余り知られていないかについて、ゆうぼんが思うに二つ理由があります。

 

一つはアクセスの悪さ(後述します)、もう一つは温泉の温度の高さです。渋温泉には、9つの外湯があり温泉地の宿泊者に限り、全ての温泉を無料で利用することができます。

 

そして、その外湯の温度は50℃以上にもなります。「火傷するじゃねえかよ!」と思うでしょうが、そのまま入るとその可能性は否定できません。 

 

何故なら、渋温泉の外湯は「加水なし・加温なし・消毒なし」の100%源泉掛け流しだからです。源泉の温度は約50〜70℃、つまり配管を通って幾分温度が下がっているとはいえ、温泉は「あっちっち」です。

 

でも大丈夫!温泉が熱い場合は、水道水で冷やすことが認められています。というか、冷やさないと入れない。。。

 

ちなみに、外湯ではなく宿の内湯は熱くないので苦手な方は内湯でどうぞ!

写真の内湯は、渋温泉の旅館の貸切個室露天風呂です。無料で3つ個室露天風呂を利用することができ、しかも安くて綺麗だったので本当に満足できる宿でした。

 

あまりにも良い宿だったので、紹介します!

宿 せきや

1899年開業の旅館です。渋温泉の全8室全てが源泉掛け流しの半露天風呂付客室で無料貸切露天風呂も3か所にあります。お酒も飲めるオーデオサロンとヒーリングの読書室がある大人な宿です。

  • 個室露天風呂1
  • 個室露天風呂2
  • 半露天風呂付客室のお風呂

 

  • 料理
  • 客室

●広いベッド

●マッサージチェアー

●オイルヒーター(日本だと珍しい)

  • オーディオサロン
  • ロビー(ソファで新聞)

と、至れり尽くせりな宿で土曜日泊で15000円くらいでした。めちゃ安くて、良い宿です!

 

アクセス

電車だと渋温泉の最寄の駅は「湯田中」、関西の新大阪から5時間、関東の東京からだと2時間半でアクセスすることができます。

  • 新大阪→湯田中
  • 東京→湯田中

時間も値段も半分で関東住みの人が羨ましいです。関西からだと片道2万円もするので、車に乗れるなら車でアクセスしたいですね。

 

車でアクセスする場合は、11月頃でもチェーン積んでいったほうがいいです。当日雪が全く無くても、翌日にはドカ雪で道路のチェーン規制食らって帰れなくなります。

タイトル「朝目覚めると其処は雪国だった」

チェーン積んでおいて良かった。。。

 

スキーをしなくても渋温泉は行くに値する名湯です。是非、友人やカップル、夫婦で行ってみてください!時間に余裕あれば、長野市も側なので観光もグッドです!

●全国版の記事 たびすぽホームページから 長野全体を詳しく知りたいなら、ざっくりした説明と必見の長野観光公式サイトを纏めた記事をご覧ください。 ●長野のまとめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

旅を愛するオジサン。 妻とはオシャレ旅をするが、オジサン同士のダラダラ旅や、登山で単独行も好き。 47都道府県全てを旅行するのが目標で、行って良かったとこ、密かに狙っているところを紹介していきます!