琵琶湖テラス!行き方と周辺事情など盛りだくさん!

最近、滋賀県にもオシャレで楽しめるスポットができ始めています。特にその中でインスタなどで盛り上がっている場所が琵琶湖テラスです。

●琵琶湖テラスからの景色

琵琶湖テラスは蓬莱山という山の上に作られた琵琶湖バレーという場所にあり、車でのアクセスが便利です。(電車とバスでもアクセス可能)

蓬莱山は比叡山の少し北にある山で、麓から琵琶湖テラスのある山頂までは、ロープウェイ一本で行くことができカフェや食事を、美しいテラスでいただけます。

●琵琶湖テラスのカフェ(室内)

また、「水遊び」、「遊び場の広場」、「マウンテンアクティビティ」などカフェ以外の設備も充実しているため、子供から大人まで楽しむことができます。

●カフェ以外(琵琶湖バレー)

オシャレな琵琶湖テラスで楽しもう!周辺の観光スポットも紹介するよ

楽しみ方

琵琶湖テラスといっても、景色の綺麗なカフェでのんびりするだけではありません。直ぐそばに琵琶湖バレーという、遊び場があり子供から大人まで童心に帰って楽しむことができます。

絶景カフェ

琵琶湖を一望できるオシャレなカフェがあります。屋外のテラス席だけでなく、屋内でも景色を見ながら食事やドリンクを楽しむことができるため、雨天でも大丈夫です。

サンドイッチやフィッシュ&チップスなどを摘みながら琵琶湖の景色を見るのは、なんとも贅沢な気分になれます。

出典:琵琶湖バレーHP:http://www.biwako-valley.com/infinitylounge-north-terrace/

屋外のテラス席は人気で直ぐに埋まってしまうため、早めの時間に行った方が良いです。

琵琶湖バレー

「水遊び」、「遊び場の広場」、「マウンテンアクティビティ」などでカップルや友達同士、子供と一緒でも楽しむことができます。

●ジップライン

出典:琵琶湖バレーHP:http://www.biwako-valley.com/infinitylounge-north-terrace/

●空中ブランコ

出典:琵琶湖バレーHP:http://www.biwako-valley.com/infinitylounge-north-terrace/

一輪車やバスケットボール、ボルダリング、輪投げなど、色んな遊具が置いてあったり、ジップラインなどスリルを楽しむこともできます。

アクセス

大きな駐車場(平日1000円/回、土日祝円/回)2000があるため、車でのアクセスをオススメしますが、車に乗らない場合は電車とバスでのアクセスも可能です。

京都や滋賀県の東からアクセスする場合は、琵琶湖の西端沿いにある湖西道路を利用するのがオススメです。

無料の高速道路みたいなもので信号無しでスイスイ進めるため早く琵琶湖テラスの麓に到着できます。一方、夕方ごろは混み合うため、下道の方が早いこともあります。

電車とバス

琵琶湖テラスの麓へは、JR湖西線の志賀駅で下車、路線バス(330円)に乗り換えてアクセスすることもできます。(路線バス時刻表)

出典:琵琶湖バレーHP:http://www.biwako-valley.com/infinitylounge-north-terrace/

京都より西からアクセス

出典:大津市HP:https://www.city.otsu.lg.jp/shisei/otsucity/1390608932454.html

JR湖西線には注意点があります。京都から滋賀方面には、「JR琵琶湖線」と「JR湖西線」の2種類があり、「JR琵琶湖線」は志賀へは行きません。(乗ると野洲か米原に着く)

京都より西から琵琶湖テラスへ電車で志賀まで行く場合は、京都か山科で「JR湖西線」に乗り換えてください。

京都より東からアクセス

一旦、山科か京都まで戻ってJR湖西線に乗り換えて、JR志賀駅で下車してください。

周辺の観光スポット

琵琶湖テラスの周辺だと、2つの観光スポットを楽しむことができます。

あがりゃんせ



出典:大津市HP:https://www.agaryanse.co.jp/sp/

こってりラーメンで有名な天下一品グループが経営するスーパー銭湯です。(宿泊も可能)

スーパー銭湯といっても大きな施設で、中で食事をしたり、お土産を購入することもできます。

また、入場者の館内での買い物はリストバンドで決済することが可能で例えばお風呂場の中で飲み物を買うこともできます。(流石に浴槽の中で飲んでいる人は見かけたことはない)

帰るときに受付にリストバンドを渡すと、買った物と入場料を合わせて清算できます。

石山寺

大津市の石山にある、お寺で紅葉のライトアップが綺麗です。滋賀県の中では地味に有名でしたが、最近は他府県からも注目を集めており、今後人気になりそうです。

ライトアップの光の加減がいやらしく無く、自然で綺麗でした。

●全国版の記事
たびすぽホームページから

滋賀全体を詳しく知りたいなら、ざっくりした説明と必見の滋賀観光公式サイトを纏めた記事をご覧ください。

●滋賀のまとめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

旅を愛するオジサン。 妻とはオシャレ旅をするが、オジサン同士のダラダラ旅や、登山で単独行も好き。 47都道府県全てを旅行するのが目標で、行って良かったとこ、密かに狙っているところを紹介していきます!