言語切り替え

神戸から松本まで1時間!?FDAで行ってきました!

関西から長野って地味にアクセスが悪かったんです。。。夜行バスだと6時間、電車を使っても約4時間と東京に行くよりも時間がかかっていました。

飛行機だと、実は8月1日から8月31日の間限定でJALが1日1便だけ運行していますが、限定的すぎて、使えないんですよね。

例えば7月の連休やシルバーウィークに紅葉を見に行くなどへは使えない。

それがなんと、2019年10月27日から通年で神戸⇄松本間を1時間で移動できるようになりました。

JALの子会社FDA(フジドリームエアラインズ)を使って、7月の連休に神戸⇄松本間を移動してきましたのでレポートします。

通年で神戸から松本まで1時間で行けちゃいます!

FDAは1日1便限定でフライトしており、神戸⇄松本間は季節によって運行時間が変わります。

神戸→松本

  • 10月末〜3月末:9時55分発→10時55分着
  • 4月〜9月末:10時20分発→11時20分着

松本→神戸

  • 10月末〜3月末:12時20分発→13時25分着
  • 4月〜9月末:9時55分発→11時00分着

料金は7月連休で1人往復23500円でした。(新幹線で東京往復するより安い)

神戸空港へ

7月連休ということで、9時55分の神戸発で松本へ向かいます。

神戸空港へ向かうために、三ノ宮で下車してポートライナーへ乗り換えます。

ポートライナーに約18分間揺られると神戸空港に到着です。

神戸空港から松本空港へ

神戸空港はこじんまりとした空港で、混んでなければチケットの発券から一階の保安検査場を抜けるまで5分もかかりません。

FDAのチェックインカウンターは神戸空港のエントランス入って右奥にあります。

機内持ち込みの荷物はサイズについては厳密で、大きいと機内預けにされます。

重量については、おおらかで制限の15kgを超えていても追加料金は取られませんでした。

保安検査場を抜けて、左手に空港のラウンジがあるので、搭乗案内がアナウンスされるまで無料のジュースを飲んで時間潰し。

こじんまりとしたラウンジです。(ソフトドリンク、コーヒー、紅茶など無料)

ラウンジ内の喫煙所でタバコを吸おうとしましたが、新型コロナ対応で空港内全ての喫煙所が閉鎖という。。。

喫煙者にとっては地獄の環境でしたが、それも一興と強がり(本当は全ての喫煙所をチェックして、絶望してました)。

搭乗時間の10分前(9:45)になると、搭乗案内が始まりました。

少し古い型の飛行機ですが、JALの払下げでしょうか?最近スマホの充電が保たないなので、飛行機で充電しようとしましたが、USBの穴が見つかりません。。。まあ、飛べば良いんですよ。

FDAって意外と色んな空港間を飛んでるんですね、知りませんでした。

機内にはディスプレイが無いので、キャビンアテンダントが通路で緊急時の対応方法を身振り手振りでアナウンスしていました。

1時間のフライトなので、機内食は無し。代わりにシャトレーゼのチョコレートとリンゴジュースが出てきました。

読書でもしようかとスマホを見た瞬間に、「着陸態勢に入るのでシートベルトを閉めよ」と。長野県ってこんなに近かったっけ?

機内でくつろぐ間も無く、信州松本空港に到着しました。飛行機がピンクピンク!

松本空港から松本駅へ

松本空港は、こじんまりとした空港で機内預けの荷物を受け取って到着ゲートを出たら直ぐに外です。大きさ的に中堅の旅館ぐらいの大きさしかありません。

FDAの神戸⇄松本間就航をPRするポスターがありましたが、もうちょっと設置場所を考えた方がいいのでは?気づかんぞ。。。

空港を出て、右手に郵便ポストと喫煙所があります。神戸空港から1本も吸えていなかったので、一服。。。

外から見ると松本空港は近未来感だそうとして頑張った感じがなんとも。

松本空港から松本駅へはバスまたはレンタカーで行くことができます。レンタカーは空港返却で無いと値段が上がるそうなので、路線バスで松本駅へと向かいます。

便数がスカスカなので乗り過ごしに注意です。

本当は路線バス以外にも途中の停留所に停まらないシャトルバスがあるのですが、新型コロナウイルス対応で便数が減っていました。

当然、アルピコが運営する路線バスです。アルピコは長野の交通を牛耳っています。

支払いは現金のみで、1000円札までしか両替できないので小銭に崩しておきましょう。松本空港から松本までの運賃は570円です。

バスに揺られること30分、松本駅へ到着です!

以上、FDAを使って関西から松本へ行きましたが、はっきり言って早朝から上高地で登山するので無ければ「確実に今度からFDAで来ます。

予約方法

FDAの予約はWEBから簡単に行うことができます。特に、WEB予約限定の「ひょいとe割タイプ(返金不可)」が格安で、1人片道11750円でした。

7月の連休にも関わらず、お値段以上の価値があります。バスの「さわやか信州号」とほとんど値段が変わらずに、これだけ速く行けるなら最高です。

簡単に予約手順を書いておきます。

FDAのサイト(割引運賃用)にアクセス

行きたい場所、日付を入力

ひょいとe割(WEB限定)をタップ往復分選択

内容確認して、次へをタップ

氏名、電話番号、メルアドを入力

予約完了のメールを受け取り、支払いへ

支払い完了のメールを受け取れば手続き完了

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

旅を愛するオジサン。 妻とはオシャレ旅をするが、オジサン同士のダラダラ旅や、登山で単独行も好き。 47都道府県全てを旅行するのが目標で、行って良かったとこ、密かに狙っているところを紹介していきます!