高知県の最南東端!室戸岬のジオパークで自然を満喫しよう!

高知県と言えば、坂本竜馬。

 

坂本龍馬の友人、中岡慎太郎の銅像があるのが室戸岬です。高知市にある坂本龍馬像と同じ方向を向いて建てられたそうで、歴史のロマンを感じますね。

 

坂本龍馬とは違い、頭脳で幕末の動乱を駆け抜けた中岡慎太郎です。

 

室戸岬は四国最南東端の岬で、全国的に有名ですが実は日本で9箇所しか無い、地質学的に価値のある「ユネスコ世界ジオパーク」に登録された場所でもあるんです。

 

今回は室戸岬ジオパークの魅力を紹介します!

高知県の最南東端!室戸岬のジオパークで自然を満喫しよう!

室戸岬は高知の最南東端、高知市から車で約1時間40分の位置にあります。電車で室戸岬へアクセスすることは出来ず車は必須です。(電車だと奈半利という駅が最寄りですが、室戸岬まで20km以上あります。。。)

室戸岬には食事をする場所がほとんど無いので高知市付近から出発するなら途中でランチをしておいた方が良いです。(オススメは夜須駅の近くにある「あわび飯 栄楽」か「SEA HOUSE」)

栄楽▼

フレッシュな海老やあわび▼

あわびめし▼

 

ご飯の話はさておき、ちょっとアクセスは悪い室戸岬ですが「ジオパーク」という、とても神秘的な自然を目にすることができます。

 

「ジオパーク」とは、世界的に貴重な地質遺産を守って、教育や観光に活かしている場所のことです。

 

日本では44の場所が日本ジオパークとして認定されています。その内、9箇所が「ユネスコ世界ジオパーク」に認定されています。

 

室戸岬はその「ユネスコ世界ジオパーク」のうちのひとつで、国内では他に洞爺湖有珠山(北海道)、糸魚川(新潟県)、山陰海岸(鳥取、兵庫、京都)、島原半島(長崎県)、隠岐(島根県)、阿蘇(熊本県)、アポイ岳(北海道)、伊豆半島(静岡県)があります。

 

日本のユネスコ世界ジオパークの中でも、室戸岬は「岩」に最大の特徴があります。「タービダイト層」と呼ばれる縞模様の岩が並んでいます▼

近くで見ると▼

約1600万年前の深海に砂と泥が交互に重なり、プレートの活動により一帯が隆起し、この縞模様の岩が地表に出てくるわけです。


このタービダイト層からなる岩は触ったり登ったりするのもオッケーなので、岩の上から写真を撮ることもできます。

実際に岩に触れて登ってみた感想は、非常にグリップが良く、硬い。そして崩れないです。掴むとバキッと崩れてしまいそうなフォルムですが凄く安定感のある岩でした。

 

人の手が触れないように、柵やガイドロープがあったりせず、自然そのまま等身大を感じることができるのが魅力的です。

 

ジオパークの階段を降りて左手に岩の隙間が迷路になっているようなところがあります。

 

迷路を彷徨うと岩と海の境界に出ました▼

波が岩にぶつかるのを撮りたくなったけど、あわやびしょ濡れ▼

海に飛び出た岩の上におじさんが居たので近くまで寄ってみるが、濡れる覚悟が無いと近寄るのは無理そう。断念。

アスレチック感覚で遊べるので、思わず童心に帰ってしまう場所ですね。地球って生きてるんだ!ということを実感します。

 

タービダイト層からなる岩を見終えたら、室戸「岬」といえば灯台を見に行きます。

タービダイト層の岩がある場所が、上のマップの1番南で、そこから少し北西へ行くと灯台へ登る室戸スカイラインがあります。

 

うねうねして高度感のある道ですが、その先に室戸岬の灯台があります。丁度お邪魔したタイミングで灯台の点火式っぽいイベントをやっていました??

 

合っているのか少し不安になる小径。

 

 

杞憂に終わって、無事に灯台到着です。はい、定番の桂由美プロデュース「恋人の聖地」です。ほんと日本に何箇所あるんでしょうね、、、旅行に行くたび出くわす気がします。

室戸岬灯台は非常に歴史があり1899年に完成し、第二次世界大戦や南海大地震でレンズが破損するも修理して現在まで使われているようです。

 

今はGPSで船舶と陸地の位置は分かるでしょうが、当時は灯台の明かりを元に自分達のいる位置を正確に把握する必要があったので、とても大切な役割を担っていました。

 

高台にあるので、見つけやすい灯台でしょう。逆に室戸岬灯台から見る海も絶景です。

 

日が落ちてきたので、撤収することにしました。高知の端っこの方は明かりが少ないため、道に詳しくない人は日が出ているうちに帰るべきです。

 

高知市へ帰るときに奈半利あたりで日没となったので、サンセットをパシャり▼

高知は自然が豊かで観光地が進んでいないところが多いので、自然そのままの美しさが好きな人には最高です!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

旅を愛するオジサン。 妻とはオシャレ旅をするが、オジサン同士のダラダラ旅や、登山で単独行も好き。 47都道府県全てを旅行するのが目標で、行って良かったとこ、密かに狙っているところを紹介していきます!