宮崎は電車が少ない!路線バスやレンタカーの割引を使ってお得に楽しもう!

高千穂峡、飫肥城跡、早水公園など自然たっぷりの宮崎で観光するには車が便利です。

 

宮崎県って電車が発達していないんです。九州新幹線も宮崎を避けるようにして、熊本、鹿児島を通っているし、在来線もほとんど沿岸部しか通っていません。

 

ゆうぼんは京都や愛知に住んでいたことがありますが電車に関しては宮崎と同じような状況でした。

 

愛知県の電車事情は名古屋駅から南北に伸びる名鉄と金山から東西に伸びる東西線とJRくらいしかなくて車が必須でした。

 

京都も京都駅を中心に東西へ伸びるJR、南北へ伸びる市営地下鉄、大阪から四条通りへ伸びる阪急、鴨川沿いを南北へ伸びる京阪などがありますが、それぞれ距離が離れていて使いづらいというのが実際です。(嵐電と叡電は、そういやあったなと言われて思い出すレベル…)

 

じゃあ京都も車社会なのかと言われると、そこまで車社会ではありません。路線バスが発達しており、市バスが市民の足となっています。

 

宮崎も京都ほどではないですが、延岡、日向、日南、小林、西都、高千穂などの市内を走る路線バスや各市を結ぶ高速バスが発達しています。

 

宮崎県へ旅行するときにレンタカーを借りて移動するのも手ですが、疲れずにバスを使って移動するのもアリです。

 

宮崎は電車が少ない!路線バスやレンタカーの割引を使ってお得に楽しもう!

●路線バス

宮崎の路線バスの主な路線図。結構な路線をバスが走っていますが、距離によって料金が変わり観光で色んな場所を巡る場合は高額になりがちです。

 

そんな旅行者向けに宮崎県では主に2種類の割引チケットが用意されています。

ワンコインパス(500円)

宮崎・延岡・都城の市内・近郊が土日祝限定で乗り放題となる割引チケットです。高千穂や早水公園など遠出をしないで、大きな市内近郊で観光する場合にはワンコインパスが便利です。

 

宮崎県内路線バス全線1日乗り放題乗車券(1800円)

一方、せっかく宮崎県へ観光に来たんだし、高千穂峡とか飫肥城跡などにも行ってみたい!という場合はワンコインパスではアクセスできません。

 

そんなときは、宮崎県県内路線バス全線1日乗り放題乗車券があります。ワンコインパスよりは高いですが、県内の路線バスが1日乗り放題になります。

 

通常、遠くまでバスで行くと移動費がバカにならないくらい高くなりますが、この乗り放題乗車券を使えば、非常に割安になります。

延岡駅⇄高千穂バスセンターでは往復で3680円、宮崎駅⇄飫肥城では4880円も安くなります。

 

宮崎県内をバスで遠出するなら是非知っておきたい割引チケットです。

 

●レンタカー

車で移動派であればレンタカーを借りることになります。ゆうぼんも場所によってはレンタカーを借りて旅行しますが、定価で借りると免責のオプション付けると高いです。

 

レンタカーの会社を一括でまとめて、しかも割引クーポンがある旅行サイトは中々ありませんが、その中でも「じゃらん」はレンタカー会社の価格比較もできるし、クーポン利用で割安に利用できています。

 

利用条件も1万円以上の予約で2500円割引など、厳しくないのでオススメです。

宮崎観光するなら移動手段の確保は事前にキッチリして、時間を有効に使えるようにしておくと、旅がより一層楽しくなりますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

旅を愛するオジサン。 妻とはオシャレ旅をするが、オジサン同士のダラダラ旅や、登山で単独行も好き。 47都道府県全てを旅行するのが目標で、行って良かったとこ、密かに狙っているところを紹介していきます!