言語切り替え

ホテルニューグランドの設備やサービスを徹底解明!ナポリタンとドリアが美味しい。

この記事では「横浜のクラシックホテル(ホテルニューグランド)の客室と設備を詳しく」紹介します。

富士屋ホテルの「設備」「部屋」「食事」「風呂」「価格」について、良かった点と悪かった点をレビューします。

本ブログの管理人は月一くらいのペースで国内の高級宿に泊まりに行くことをモチベーションに生きています。

100近くの高級宿に泊まった経験から、突っ込んだ目線で良し悪しを紹介していきます。

 

横浜のクラシックホテル「ホテルニューグランド」の設備やサービスを徹底解明!

山下公園や赤レンガ倉庫、中華街などへ遊びに行くときに便利なホテルです。みなとみらい線の元町・中華街駅から徒歩2分の場所にある好立地です。

ホテル自体の特徴は夜景が抜群に綺麗なこと、ナポリタン発祥(抜群に旨い)のホテルであることです。

ナポリタンの他に、シュリンプ・ドリアとプリン・ア・ラ・モードも伝統のメニューとして、名物となっており、食事目的での利用もありです。

クラシックホテルの歴史としては、マッカーサーやチャップリン、ベーブ・ルースなどの世界の著名人も宿泊したことがあります。

 

設備

カフェ、レストラン(イタリアン)、中庭があります。

カフェでは、名物のナポリタンやドリア(後述)が提供されています。目当てのお客さんが多く、昼頃は1時間くらい待たされます。(名前を書いて待つ方式)

カフェの人気メニュー

レストラン(イル・ジャルディーノ)はカジュアルなイタリアンです。

特徴は都会にいながら、中庭のテラス席で食事できることです。

食べログで3.61と高評価、ランチは3000円代というコスパの良さから昼間は結構混み合っていました。

中庭は道路に面しておらず、四方をホテルに囲まれた場所にあります。

こんな感じです。(ホテルのミニチュア)

夜はライトアップされて写真映えします。

それ以外の設備は特別なものは無かったように感じました。

設備ではなく、写真映えする場所は多かったです。例えば、創業初期の大階段や、フロントの生け花などです。

大階段

フロントの生け花

 

部屋

本館とタワー館に宿泊施設があります。

本館の方が古くからある建物(昭和初期)で、客室もクラシック調です。一方、タワー館は平成初期の建築物であり、新しいです。

また、本館とは違い、タワー館の客室は3タイプに分かれています。

リニューアルされていない「スタンダードフロア」、リニューアルされて近代風になった「スーペリアフロア」、15~17階の高層階に客室がある最も高級な「グランドフロア」です。

グランドフロアに宿泊すれば16階に専用のラウンジ「ザ・クラブ」を利用することができます。ここではコーヒー・紅茶を無料で飲むことができます。

とはいえ、ホテルでのんびり過ごすために宿泊するのが目的でない場合はグランドフロアに宿泊する価値は少ないと、個人的には思います。

景観は、グランドフロアでもスーペリアのベイサイドの部屋でもあまり変わらないと感じたからです。

そこで、今回はタワー館にあるベイサイド ツインルームに宿泊しました(10階)。

窓からは、観覧車、山下公園のライトアップ、都会の明かりが美しく景観が良かったです。

✔安全のために窓は開かないようになっています。(昼の写真)

部屋自体は、豪華な作りになっているものの、機能としては一般的なビジネスホテルクラスのレベルでした。(カフェバーがない、ユニットバスで広さも狭いなど)

洗面所などの作りが、すごく豪華。(アメニティーも澁谷油脂)

一方、ユニットバスは狭くて普通。(お湯の出はとても良い)

部屋自体は、ビジネスホテル+αくらいの機能だと思いました。

⇒動画:ベイサイド ツインルームの客室内の様子

 

食事

ナポリタンとドリアを食べましたが、別格に美味しかったです。

ナポリタン(2,178円):発祥だけあって、美味い。ケチャップぽさがなく、あっさりしていて、いくらでも食べられる。

シュリンプ・ドリア(2,783円):クリーミーながら海老がたっぷり入っていてあっさり味。個人的にはナポリタンよりも好き。

ナポリタン、ドリアともに値段は高めですが、味は最高です。いっぱい食べたい場合は、ナポリタン、ドリアともに大盛り可能です。ドリアは大盛り+605円でした。

一旦、大盛りで注文したが、中華街で食べ歩きすることになり、並盛りへ変更しました。

宿泊ではなくても、ホテルニューグランドの近くにきたら、これら2品は絶対食べた方がいいです。本当に美味しい。

風呂

部屋風呂のみで大浴場はありません。

価格

ベイサイド ツインルームで6,950円/人でした(土曜泊)。クラシックホテルの中では一番安価です。(他の8つのクラシックホテルは最低でも、1万円/人はします)

宿泊予約時に一休じゃらんなど様々なサイトを見ましたが、そのときはExpediaが安かったので予約。(あんまり外資は好きじゃ無いけど)

宿泊した感想のまとめですが「横浜に用事があるなら、また泊まりに行きたいな」と感じる宿でした。クラシックな雰囲気でビジネスホテルよりも落ち着くし、中華街にも近いので食べ歩きにも便利なホテルでした。

✔欲を言えば、展望台からベイサイドを一望できる設備や、庭園、温泉(スパ)など豪華な設備があると良いですが、街中のホテルなので無理だと思います。

以上が「ホテルニューグランドの設備やサービスを徹底解明!ナポリタンとドリアが美味しい」でした。

本ブログでは、そのほかにも、神奈川県のグルメや観光スポットを紹介しています。

⇒参考)神奈川県のグルメと観光スポットのまとめはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

旅を愛する30代。 妻とはオシャレ旅をするが、オジサン同士のダラダラ旅や、登山で単独行も好き。 47都道府県全てを旅行するのが目標で、行って良かったとこ、密かに狙っているところを紹介していきます!