三重県で穴場観光するなら「湯の山温泉」がおススメ!

この記事では「三重旅行するけど、混みあっていない穴場な観光スポットは無いの?」という疑問を解決します。

内容は

  • オシャレなカフェと温泉「アクアイグニス
  • ロープウェイで山頂まで行ける御在所岳
  • 四日市グルメといえば「
  • 参考)ジャズドリーム

全て、湯の山温泉エリアか、近場の観光スポットです。

本ブログの管理人は愛知県に3年、関西に25年程度住んでおり、三重県へ10回以上、旅行しています。

桑名、津、伊勢志摩などで、ほとんどの観光スポットに行きましたが、何度もリピートしているのが、湯の山温泉エリアです。

湯の山温泉エリアの魅力は以下の4点だと思っています。

  • 人が混みあっていない
  • オシャレなカフェや温泉施設が増えてきている
  • アクアイグニスや御在所など、アウトドアな観光スポットが多い
  • 四日市や長島スパーランドなどへのアクセスが良好

以下で具体的にどんなところか紹介します。

三重県で穴場観光するなら「湯の山温泉」

アクアイグニス

オシャレなカフェと美味しい食事、温泉が楽しめる総合施設です。

辻口博啓シェフが手がけたスイーツ&パンの限定商品や、現地の素材を使ったイタリアンなどを食べることができます。

レストランで使う野菜を現地で栽培

アクアイグニス内にあるイタリアンレストラン(イル・ケッチャーノ ミエーレ)では栽培した野菜を使っています。

●菰錦豚とほうれん草のクリームスープパスタが絶品

温泉加水・加温・循環なしの源泉掛け流し温泉です。泉質はアルカリ性単純泉で不要な角質を溶かすためスベスベの肌になります。

●温泉施設

●竹林を眺める温泉アクアイグニスHP:https://aquaignis.jp/spa_kataoka.php

料金は平日:大人600円/子供300円、休日:大人800円/子供400円です。

その他:建物と芝生や水辺などの自然が融合しており、オシャレ度も高いです。

写真を撮るのが上手ければインスタ映えします。

●2017年のアクアイグニス入口

●2018年のアクアイグニス入口

高速道路の建設が進んで「映え」なくなりました。

アクセス車もしくは名古屋から近鉄「湯の山温泉」で下車すると徒歩8分で行くことができます。

後述の四日市や御在所、長島スパーランドまで30分くらいの距離にあり、他の観光地への移動も便利です。

アクアイグニスは宿泊もできるので、三重観光の拠点にするのもアリです。(アクアイグニスのHPから予約可能です)

御在所岳

湯の山温泉にある鈴鹿7マウンテンの一角で山頂ではカフェや絶景を見ることができます。

登山する必要は無く、ロープウェイで一気に山頂まで行くことができます。

自然と絶景が好きなら必ず行った方が良いです。帰りのロープウェイから降りると直ぐに湯の山温泉に入れます。

四日市

貝が有名で、居酒屋で出てくる貝のクオリティがめちゃくちゃ高く、値段は安い(関西の半値くらい)です。

近鉄四日市駅の近くにある「大衆酒場 ゑびす」が美味しくて安いため、おススメです。

宿泊するなら四日市シティアネックスが2人で5000円くらいで泊まれて、居酒屋の割引クーポンを置いてあることがあるためおトクだと思います。

参考)ジャズドリーム

(穴場ではないです)ナガシマスパーランドに併設されている日本最大の店舗数(302店)を誇るアウトレットモールです。

四日市やアクアイグニスから30分程度でアクセスできるという立地の良さや、GODIVAなどのスイーツが他のアウトレットよりも安く売っています。

1日がっつり買い物しても店を回りきれないくらい広いので予め行きたい店舗を絞っておいた方が良いです。

三重の観光やグルメの情報はこちら

参考)旅行の宿泊費を安くする方法はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

旅を愛する30代。 妻とはオシャレ旅をするが、オジサン同士のダラダラ旅や、登山で単独行も好き。 47都道府県全てを旅行するのが目標で、行って良かったとこ、密かに狙っているところを紹介していきます!