Reluxで最大50%割引クーポンを獲得する裏技とは?

この記事では「宿泊費を安くしたいけど、良い方法ない?」という疑問に答えます。

内容は

  • 50%オフクーポンもある宿泊予約サイト「Relux」が最安値
  • 参考)宿泊予約サイト20社の比較

です。

旅行はリフレッシュにも良いし、高級な宿に泊まって最高のサービスを受ければ、もっと頑張ろうという気持ちにもなれます。

一方で、一般的に「旅行は沢山お金を使う」という課題があって、ごく稀にしか行けない方も多いはずです。

本ブログは「旅行に徹底的に安く行く」ことをコンセプトにしており、今回は宿泊費を下げる方法にフォーカスして、その方法を紹介します。

Reluxはクーポンの割引率が高い!獲得の仕方を紹介します。

宿泊予約サイトを選ぶときに最も重要視すべきは「割引クーポン」です。

なぜなら、

  • 定価の宿泊費は、どの宿泊予約サイトでも大差無い
  • 「割引クーポン」の割引率は宿泊予約サイト間で大きく異なる
  • 「割引クーポン」はタイムセールなど、他の割引と併用できる場合が多い

からです。

宿泊予約サイトの違いによる割引の差は、クーポンを除けば、せいぜい10%程度ですが、割引クーポンの場合は最大50%程度の差になる場合もあります。

✔︎クーポンを除く割引の例:「タイムセール」「早割」「直前割」「お日にち限定割」など

宿泊費を下げるためには割引率の高い「クーポン」を発行している宿泊予約サイトを利用すべきです。

しかし、クーポン込みの価格で宿泊料を横並びで比較できるサービスは無いという問題があります。

そこで、管理人が手動でクーポン込みだと、どの宿泊予約サイトが安くなるのかを調べました。

その結果として、最も安い管理人おススメの宿泊予約サイトを紹介します。(比較参考として、その他の宿泊予約サイトも紹介します)

管理人おススメの宿泊予約サイト「Relux」

調べた限り「Relux」が最も割引率の高いクーポンを発行していました。(計20社の宿泊予約サイトの料金の比較結果)

最大割引率は約50%です。(常に50%オフがある訳ではないです。30%オフ程度も多い)

以下に幾つかのタイプのクーポンを使って宿泊した記事の例を挙げておきます。ホテル名のリンクから宿泊した時の記事が見れます。

参考記事1, 2)50%オフクーポンを利用して高級宿に宿泊した例

参考記事3)4万円以上の予約で2万円オフクーポン

参考記事4)無条件で1万円オフクーポン

✔︎上記全て2名分の料金

赤字上等でクーポンを発行する理由は会員数を増やすためです。Reluxはau(KDDI)の子会社(loco partners)ですが、本当に赤字です。

このように、割引率の高いクーポンの入手するには1つだけ条件があります。

それは「auスマートパスプレミアム会員」になることです。(スマホがauである必要は無い)

auスマートパスプレミアム会員は月額548円(税込)の有料サービスですが、1ヶ月無料キャンペーンも行なっています。

無料期間もクーポンを利用できるので、旅行に行きたいタイミングで無料会員になれば、安く旅行に行けます。

✔︎おそらく、会員数がある程度、増えたら赤字上等のクーポンは無くなっていくので早めが良いと思います。(シェアを取ってから儲けるビジネス)

参考)無料会員になるのが嫌という場合は、以下のコードで10%オフにはなります。

あまり旨味は無いですが、他の宿泊予約サイトと比べて安ければ利用してみてください。

【10%オフ紹介コード】 →IP_B6O5O

紹介クーポンでReluxに登録する

⇒参考)Reluxについて纏めた記事はこちら

参考)宿泊予約サイト20社の比較

結果的に、クーポンを使えばReluxが1番安いと思っていますが、まだそれを知らない時に割引クーポンに注目して、宿泊予約サイトの比較を行ったことがあります。

参考として簡単に以下で紹介します。

今ではReluxに掲載の無い宿に、どうしても宿泊したい場合に使っています。

そのときは次点で宿泊料金の安い一休か宿の掲載数が多いじゃらんを使うことが多いです。

一休.com

クーポンはあまり安くないが、タイムセールが非常に強力な宿泊予約サイト。

名古屋のヒルトンホテルのクラブフロアに2人で1万円ちょっとで泊まれたりするようなセールもやっています。
旅行したいエリアの宿で、タイムセールのプランがあるときに、おススメ。

一休の割引クーポンをチェック

じゃらん



楽天トラベルには登録宿泊施設数では劣りますが、宿の掲載数が多く、ポイントバックも2%あるのが特徴です。

宿だけでなくレンタカーなら「じゃらんレンタカー」、電車なら「赤い風船」で大きな割引があることがあります。

また、「ふるさと割」といって地域限定で大きな割引がある場合もあります。

じゃらんの割引クーポンをチェック

ゆこゆこ

温泉宿に特化した宿泊予約サイトです。特徴は

  • 一泊2食付きで1万円前後の宿泊プランが多い
  • 2000軒以上の宿を掲載
  • 宿や、その周辺の情報が詳しく載っている

です。

それなりの質の温泉宿に安く泊まりたい場合や観光情報を知りたい場合に便利です。

ゆこゆこの割引クーポンをチェック
 

らくだ倶楽部

クーポンは、それなりの割引率だが稀に2007円で特定の宿に宿泊できる割引を行っているのが特徴。(2007年創業にちなんで)

1500以上の高級宿を掲載している宿泊予約サイトで、らくだ倶楽部限定掲載の宿もあります。

管理人は、あまり使っていないです。特定の宿限定の割引が多いため。

らくだ倶楽部の割引クーポンをチェック

Ots HOTEL


沖縄、岡山、愛媛、香川の4県に特化した旅行会社。上記4県に旅行する予定があれば、見てみるレベル。

安いクーポンをあまり見かけないため、管理人の利用実績は無い。

Ots HOTELの割引クーポンをチェック

agoda


シンガポールに本社がある外資の宿泊予約サイトです。世界で200万件以上のの宿を取り扱っている大手です。

国内に限っては宿泊料金が安かった経験は無いですが、行きたい宿が予約でいっぱいのときに見てみる価値あり。

宿の宿泊枠を押さえていて、空いていることがあります。

連休や人気の観光地(夏の上高地、ラベンダーシーズンの富良野など)で、どうしても行きたい宿がある場合に利用したことがあります。

agodaの割引クーポンをチェック

Hotels.com

アメリカに本社を置く外資系の宿泊予約サイトです。世界で20万件以上の宿を取り扱っています。


国内に限っては宿泊料金が安かった経験はありません。

agodaと比べると人気の宿が空いていることも少ないですが、10泊利用すると、利用料金合計の10%が宿泊料金として還元される特徴があります。

種類によりますが、クレジットカードがゴールドやプラチナなら宿泊料が割引になる特典が付いていることもあります。(ANA VIZAプラチナプレミアムカードは8%オフ)

Hotels.comの割引クーポンをチェック

Airbnb.jp


「現地の人から借りる家」をコンセプトにしている宿泊予約サービスです。大人数で旅行したり、コテージを借りたい場合に便利です。

ANAと提携して、3000円オフの割引や、マイルの還元があるのが特徴。

Airbnb.jpの割引クーポンをチェック

ヤフートラベル


yahooが運営している宿と交通の予約サービスです。

プレミアム会員になると、宿泊料金が10%以上安くなることもありますが、会費が月額462円かかります。

10%以上の小さな割引で会費を払うのが嫌なので、管理人は使っていません。

ヤフートラベルの割引クーポンをチェック

楽天トラベル


国内の登録宿泊施設数が3万3千軒と、日本で一番提携している宿が多いです。

楽天会員には、楽天スーパーポイントを利用料の1%バックされます。

他の宿泊予約サイトに掲載されていない宿の場合、宿の公式ホームページで予約するよりは安い。

楽天トラベルの割引クーポンをチェック

JTB


言うまでもなく、日本で売り上げナンバーワンの旅行代理店です。

サポートなどのサービスは充実していますが、高いので管理人は使わない。

JTBの割引クーポンをチェック

るるぶ


特に安くは無いが「特集」が優れた宿泊予約サイトです。

「何処かの海に行きたい」、「何処か綺麗な夜景が見たい」など、何処に行きたいと決まってないときに便利です。

人気の宿が予約でいっぱいの時に、空いていることがあります。

るるぶの割引クーポンをチェック

日本旅行


JR+宿泊セットプランの「赤い風船」が、非常におトクです。

新大阪と博多の往復新幹線と宿が付いて18000円など破格のサービスをしていることもあります。

電車を使って宿に泊まりに行く場合は、日本旅行の窓口に行って、幾らになるのか聞いてみることがあります。

自分で考えたプランよりも安かった場合、利用しています。

日本旅行の割引クーポンをチェック

dトラベル

NTTドコモが経営している旅行会社です。

dポイントを利用して宿泊料金に充てられる他、宿泊料金の数%をdポイントで還元するポイントバックを行なっています。

クーポンとしては偶に83%オフなどもありますが、使える宿が指定されている場合が多いです。

ドコモユーザーには利用するメリットが大きいかもしれませんが、それ以外にはメリットが少ないと思います。

管理人はauユーザーなので使っていません。

dトラベルの割引クーポンをチェック

ANAトラベラーズ


航空会社のANAが運営しています。

旅を作れるというコンセプトで、特に航空券+宿のセットプランに強みがあります。

飛行機を使って移動した場合、区間マイルの50%が積算されたり、既に持っているマイルを宿泊代金に充てることができたりと、マイルを使っての旅行ができます。

コロナで海外旅行に行けないなど、ANAマイルの消費に困っている場合に便利です。

ANAトラベラーズの割引クーポンをチェック

WILLER

高速バスWILLER EXPRESSのシート一覧
高速、夜行バス会社のWILLERが運営している旅行プランです。

バス会社だけあって、バスでの移動+宿に特化したプランが多いです。

宿もビジネスホテルと、価格を意識したものが多く、例えば東京⇆京都ではバス料金+宿代で1万5千円のプランなどもあります。

移動の質を落としても良いから、安く旅行したいときに使っています。(クーポン割引には期待できない)

WILLERの割引クーポンをチェック

阪急交通社

国内旅行はあまり安かった経験がなく、クーポンも注文金額の5%引きくらいが多いです。

海外旅行は飛びきり安いことがあり、新婚旅行は阪急交通社で予約しました。

阪急交通社の割引クーポンをチェック

Expedia.co.jp


上述のhotels.comの親会社です。

宿だけでなく、交通も扱っており、国内と海外旅行全体で見れば、安さに定評があります。

一方で、国内旅行に限ってはReluxや一休.comと比べると、高いことが多いです。

VIZA AMEX JCB EPOSなど、クレジットカードの利用で割引となるサービスがありますが、数%程度です。

イタリアなど海外旅行の宿はExpediaで予約しましたが、国内ではあまり利用したことは無いです。

どうしても泊まりたい宿をExpedia経由で予約したことはありますが、高かった記憶です。

Expedia.co.jpの割引クーポンをチェック

booking.com


世界最大規模の旅行手配サービスです。

世界でbooking.comに登録されている宿泊施設は、約3000万件です。

特徴は「差額保証」といって他社よりも高ければその分返金するサービスを行っています。

クーポンは殆ど無く、宿泊費も安くは無いです。

agodaと同様、他の宿泊予約サイトで、希望の宿が空いていないときにbooking.comで空きがあれば利用しています。

Trip.com


中国上海に拠点を構える旅行会社で、「どの宿でも、そこそこ安い」のが特徴です。

しかし、Reluxや一休.comより安くないことが多く、利用することは稀です。

予約の間違えや、プランの変更など、「予約後に変更を加えることが必要な場合」には対応がめんどくさかった経験があることも利用しない理由の一つです。

Trip.comの割引クーポンをチェック

以下は安いクーポンが無かったので紹介しません。
●東武トップツアーズ
●ベストリザーブ(宿プラザ)
●名鉄観光
●近畿日本ツーリスト
●アップルワールド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

旅を愛する30代。 妻とはオシャレ旅をするが、オジサン同士のダラダラ旅や、登山で単独行も好き。 47都道府県全てを旅行するのが目標で、行って良かったとこ、密かに狙っているところを紹介していきます!