【京都】手ぶらでグランピングもできる穴場「るり渓」温泉

この記事では「京都で手ぶらBBQ、グランピングしたいけど、良い場所無いの?」を解決します。

内容は

  • 穴場なスパ「るり渓」温泉
  • 手ぶらでバーベキュー
  • グランピング(GRAX)

です。

僕は京都に20年以上住んでいた経験があり、花背や上賀茂のBBQ場を利用していましたが、以下の点で不満がありました。

  • 風呂がない ⇦ 炭で汚れる、直ぐ入りたい
  • 買い出しの必要がある ⇦ 車が必要=運転手は、お酒が飲めない。

偶々、温泉目的で行った「るり渓」に、手ぶらで利用できるBBQやグランピングの設備があったので、温泉と共に紹介します。

BBQやグランピングもできる穴場な「るり渓」温泉

穴場なスパ「るり渓」温泉

関西、特に大阪や滋賀には、スパワールドやあがりゃんせなど、沢山の日帰りスパがあります。

しかし、施設内で食事ができ、しかもバーベキューやグランピングの設備まで備えているスパはネスタリゾートと「るり渓」温泉以外に無いです。

一方で、ネスタリゾートとは異なり「るり渓」温泉は知名度が高く無く、比較的空いていて使い勝手が良いです。

まずは、「るり渓」温泉の設備について簡単に紹介します。

温泉(ラドン温泉)

大浴場のほかに、水着着用(貸し出し可能)で入れる浴場や露天風呂、4種のサウナや、25mプールもあります。

水着着用のコーナーは男女一緒に入れるので、カップルやファミリーにも便利です。

サウナ

4種のサウナがあります。

高温ドライサウナ、ハーブスチームサウナ、アロマスチームサウナ、遠赤外線サウナです。

温泉設備の詳細はこちら

以下で紹介するランタンテラスには岩盤浴もあり、全館利用券を一度購入すれば何度でも無料で利用できます。

リラクゼーションスペース(ランタンテラス)


人によっては一番利用する場所です。漫画喫茶、岩盤浴、ドリンクバーなど「くつろぐための場所」です。

●ランタンテラスの設備

漫画喫茶


漫喫並みの蔵書(漫画&雑誌)があります。漫画は大体の有名どころが抑えてあって、雑誌も漫画ほどではないですが、男性、女性問わず楽します。

岩盤浴

雑誌や漫画を持ち込んで利用できる岩盤浴です。無料で利用できます。

個室

漫画喫茶の個室並の設備があります。(コンセント、マット、枕、テレビ)

利用時間によって料金が発生する漫画喫茶よりも、一旦チケットさえ買えば無料で利用できるこっちの方が良いです。

ハンモックやソファ

ハンモック(宙吊りテント)や穴、ソファで本を読んだり寝たりすることが可能です。

PC

PCを使うことができます。オンラインなので、youtubeなどの動画視聴も可能。

ランタンテラスの詳細はこちら

以上が温泉とランタンテラスの紹介になります。

なお、温泉とランタンテラスのセット料金はじゃらんのクーポンで割引できます。(定価:平日1500円、土日は1800円)

遊び体験の予約で、「るり渓温泉」を2名以上で予約するときに、割引クーポン使えば、1800円×2=3600円となり、500円割引が可能です。


以下では、バーベキューとグランピングについて簡単に紹介します。

手ぶらでバーベキュー

屋根付きのBBQが手ぶらで楽しめます。

料金は2800円〜飲み放題&送迎付きで4950円と比較的リーズナブルです。

後片付けも不要と便利ですが、飲食物の持ち込み不可、2時間制と縛りが多いです。

また、飲み放題でない場合、ビールは350円するので割高です。(350ml缶)

一方、電車でアクセスできるので、車が無かったり、みんなで飲みたい場合には便利です。

兵庫や大阪からは日生中央駅から、京都からは園部駅から、るり渓温泉の無料の送迎バスが1時間に1本程度出ています。

グランピング(GRAX)

るり渓には、ファミリーで泊まれるグランピングの施設があります。(るり渓温泉本館にも宿泊可能)


出典:るり渓温泉HP:http://www.grax.jp/glamping

グランピングとホテル(るり渓温泉本館)の中間くらいのアウトドアがしたい場合はコテージもあります。

参考)食事はレストランで食べたい場合はベーカリーカフェガーデンズという洋食屋があります。

1000円ちょっとで美味しいランチが食べられます。

るり渓温泉の紹介は以上です。その他の京都府の観光スポットやグルメは以下の記事に纏めています。

●京都の観光スポットやグルメを紹介⇒京都の観光記事まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

旅を愛する30代。 妻とはオシャレ旅をするが、オジサン同士のダラダラ旅や、登山で単独行も好き。 47都道府県全てを旅行するのが目標で、行って良かったとこ、密かに狙っているところを紹介していきます!