お得!ANA一緒にマイル割の予約方法【旅行】

楽して安価に旅行したくないですか?

●伊良部島の海岸:2016年に宮古島から伊良部島へアクセスできる橋ができて、レンタカーでアクセスできるようになりました↓↓↓

飛行機を使って国内旅行すると交通費が一気に旅行代が跳ね上がります。それで、しぶしぶ行き先を近場に変えること、あるあるかと思います。

飛行機は只の移動手段であって、旅行の目的では無いはずなんですけどね、高いんですよね。

飛行機代を安くできたら、宿もリッチにできますし、場合によっては同じ値段で年間の旅行回数を増やすことができます。

ANAの一緒にマイル割は、知名度は低いものの非常に割引率が高いサービスです。GWや年末年始などの連休も使えて、飛行機代が劇的に安くなりますが、予約システムや規約が分かりづらいので説明します。

●どこへ旅行しようか、お悩みの場合はヤツが実際行った旅行先を含んで紹介する「たびすぽ」なら、行きたい場所が見つかるはず↓↓↓

旅行先を地図から選べて便利です!

最大8割オフ!?ANA一緒にマイル割の予約方法は【旅行】

ANA一緒にマイル割とは?

ANAマイレージクラブに入会することで使えるようになります。

まず、ANAマイレージクラブ会員が10000マイルを使うと本人は国内線が往復無料になります。加えて同行者(最大3名)はそれぞれ往復21000円〜36000円で飛行機に乗れる割引システムです。

マイルと現金を併用して、飛行機のチケットを購入できるのが最大の特徴です。

ヤツが一緒にマイル割を使って宮古島へ行った時の例だと、関西国際空港⇄宮古島が2名で31000円でした。(+10000マイル)でした。

土日を挟んだ3連休にも関わらず一人あたり片道7750円です。連休中だとLCC使ってもこれだけ安くするのは相当難しいです。

めちゃくちゃ安い一緒にマイル割ですが、以下の制約があります。

  • 同一区間の往復航空券のみ利用可
  • 2~4 人での旅行であること
  • 同行者は家族以外も OK
  • 1人目は全国一律往復 10,000マイル
  • 2~4人目は往復 21000~36000円
  • お盆と年末年始前後のみ使えない
  • 予約後の変更は不可
  • マイル支払いをした人は必ず搭乗しなければならない

飛行機に乗って国内旅行でマイルを使う場合、本当にお得なのでしょうか?

一緒にマイル割はお得なのか?

国内でマイルを使って飛行機に乗る場合、「一緒にマイル割」以外に「特典航空券」を使う方法があります。これは片道5000マイル〜ANAの航空券に変える方法です。

*「一緒にマイル割」は「特典航空券」に含まれるのですが、ややこしくなるので、分けて書きます。

一緒にマイル割の場合、ANAマイレージクラブ会員+最低1名の同行者がいることが条件です。仲のいい友人や彼女と2名で飛行機に乗るときに便利です。

一緒にマイル割がおトクなのかを検証するために、「旅割」、「特典航空券(マイルのみ)、「一緒にマイル割」で料金比較を行ってみました。

行き先は関西国際空港  ⇄  宮古島を例にします。

  • 「旅割」の場合:ネットで安い航空券2名分を探して買うとします。

ヤツが行った時期の最安値を調べると、2名往復で57600円でした。

  • 「特典航空券」の場合:ANAのホームページから2名分購入します。

マイル:2名往復で42000マイルでマイルの価値は国内線だと2円/マイル程度です。マイルを現金換算すると2名往復合計で、84000円でした。

  • 「一緒にマイル割」の場合:ANAのホームページから2名分購入する。

10000マイル+31000円です。2円/マイルですので、2名往復合計51000円でした。

結果、「一緒にマイル割」が最安値となりました。なお、最もコスパの良い現金8割オフは以下の区間です↓↓↓

  • 東京⇄石垣:最大79.5%オフ
  • 大阪⇄石垣:最大79.2%オフ

ANA一緒にマイル割価格(2018/10/28〜2019/03/30)

ANAの一緒にマイル割は、お盆と年末年始以外はいつでも使えます。つまり、GWもほとんど料金が上がらず予約可能です。また現実的に利用可能な席数確保されてるなど、”ちゃんと使える”割引システムです。

一緒にマイル割の使い方

ANAマイレージクラブ会員に登録すれば、一緒にマイル割を使うことができます。登録の仕方から使い方まで順に説明していきます。

1.登録

まず、ANAマイレージクラブ会員の登録画面で会員登録をします。

案内に従って、記入を進めれば難しくないです。

*パスポートの氏名を記入する箇所がありますが、パスポートを持ってなくてもローマ字で名前を記入すれば大丈夫です。

2.ログイン

登録完了後(会員番号発行後)は、一緒にマイル割のログイン画面から予約を進めます。規約や行き先ごとの料金が書いてあるので、確認の上、ページの一番下にある「ご予約はこちら」からログインします。

3.行き先/搭乗日選択

ログインした後は行き先、日程を記入していきます。行き先と搭乗日を洗濯して「検索する」をクリックします↓↓↓

割引率80%の石垣島を行き先にしてみました。

*一緒にマイル割はお盆前後以外は使える(ゴールドウィークや年末も使える)のですが、早く予約しないと人気どころは直ぐに埋まります。2ヶ月前から予約スタートできるので、日程が確定していれば早めに抑えてしまいましょう。

4.往路と復路を選択

次に、往路と復路を選択します。「空席有り」の箇所のみ選択可能です。

*席数は一緒にマイル割以外の「特典航空券」と合算して表示されています。人気路線などは取り敢えず席を確保している人のキャンセルが結構出ます。

はじめに調べた時は満席でも、一週間後に再度見ると空いていることも良くあるので、こまめにチェックすることをオススメします。(直前の日程ほど謎の空きが出ます)

人気どころは予約開始直後若しくは旅行日直前に抑えた方がいいです、一緒にマイル割はまだ認知度がそこまで高くないので、まともに予約できる間に使い倒した方がいいと思います。

5.自分と同行者の情報入力

往路と復路を選んだら、搭乗者の情報を入力していきます。フルネームと年齢が必要ですので、うろ覚えでしたら事前に同行者へ聞いておいてください。

ページ下の方にある「予約する」ボタンを押すと予約完了となります。

6.支払い

予約が完了したら、最後に支払いをします。一緒にマイル割の場合、予約した日の内に支払いをしないと予約がキャンセルされますので、忘れないようにしてください。

登録時に設定したメールアドレスに予約確認メールが送られてきます。メールに「購入手続き」のURLが添付されているので、クリックして支払いを行います。

決済方法はクレジットカード、コンビニ、金融機関での振込が選択できますが、当日の決済が必要である以上、クレジットカードでの支払いをオススメします。

夜遅くに予約した場合、金融機関は論外、コンビニでも決済が間に合うか微妙です。下の例だと予約→決済まで24分の猶予しかないです。

*決済に進む前にANA一緒にマイル割のキャンセル規定をしっかり見直して本当に予約して大丈夫か確認してください、キャンセル規定がめちゃくちゃ厳しいです↓↓↓

  • マイレージクラブ会員10000マイル
  • 同行者の費用50%

なので、自分と同行者の都合が確定できていない状態での仮押さえで支払いするのはやめておいた方がいいです。

支払いは支払いの画面でクレジットカードの番号を打ち込んで完了です。後は、旅行の日を待つだけです。

当日はANAマイレージカードでチェックインしましょう。機内預け荷物が無ければ、自動チェックイン機を使うことをオススメします。カードを入れてから1分以内で航空券を発券できます。

ANA一緒にマイル割をおトクに使うには

一緒にマイル割を使うにはマイルが必要になります。ANAマイレージクラブカードを作ったけれども、マイルを貯められなくては意味がありません。では、どうやったらお得にマイル貯められるのでしょうか。手続きがめんどくなく、簡単な方法を紹介します。

それはANAと三井住友カードが提携して発行しているANA VIZAワイドゴールドカードを持つことです。

マイル獲得について、下記のようなメリットがあります。

  • ワールドポイントからマイレージ移行手数料が無料(一般カードの場合、1ポイント=10マイルにしようとすると6,000円税抜)
  • ボーナスマイルが入会・年度継続時に2000マイル付加
  • 搭乗ごとのボーナスマイルが一般カードの2.5倍+25%

要はマイルがどんどん貯まります。ちなみに僕は仕事で飛行機に乗ったりはあまりないので、買い物や家賃、光熱費の支払いで貯めたカードのポイントをマイルに替えています。

ANA VIZAワイドゴールドカードを使って一年で76万円(月6万ちょっと)決済すれば一緒にマイル割を使うことができる10000マイルが貯まります。

*ANAが提携しているホテルに宿泊したり、ANAのオンラインショップから購入するなど手間をかければ更に効率良くマイルを貯めることができますので、頑張り次第では決済金額が76万以下でも一緒にマイル割を使えます。

ANA VIZAワイドゴールドカードは下記から申し込むことができます。マイルのプレゼント付きです↓↓↓
ANA VISAカード一緒にマイル割を使いたいけど、ANAカードを持ってない、作り方知りたい!方へ簡単な作り方を記事にしました↓↓↓

まとめ

  • 国内旅行なら一緒にマイル割はお得
  • ANAマイレージクラブ会員になるときはANA VIZAワイドゴールドカードにすればマイルが貯まりやすい
  • 一緒にマイル割はキャンセル規定が厳しいので自分と同行者の予定が確定できてから予約

ちなみに飛行機で旅行するときは宿を取るケースが多いかと思いますが、ANA VIZAワイドゴールドカードは高級宿の最低価格保証の宿泊予約が可能な”relux”との相性が抜群です!

ANA VIZAワイドゴールドカードを持っていなくても、最低価格+5%のポイントバックがあってお得なんですが、ANA VIZAワイドゴールドカードを持っていると、加えて一回予約する毎に更に5%の割引が効きます。

実演交えて、記事にしましたので興味があれば見てください↓↓↓

たびすぽ
たびすぽ
https://tabisupo.com/おトク!最低価格以下で高級宿に泊まるならrelux

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

旅を愛するオジサン。 妻とはオシャレ旅をするが、オジサン同士のダラダラ旅や、登山で単独行も好き。 47都道府県全てを旅行するのが目標で、行って良かったとこ、密かに狙っているところを紹介していきます!