言語切り替え

九州に安く旅行できる時期は1月と2月

九州旅行に行きたいけど、できるだけ出費は抑えたい!ただし、質は落としたく無い。

そんな悩みを解決する記事です。

本記事の内容

  • 九州の宿泊費が安い時期をデータに基づいて紹介
  • その中でさらに宿泊費と交通費を下げる方法を紹介

旅費を下げるために重要なのは安い時期を知ることです。

なぜなら旅費が安い時期と高い時期で、全国平均で20%以上も差があるからです。

旅費には大きく「交通費」と「宿泊費」が含まれますが、特に「宿泊費」は時期によって大きく変動します。

本記事では九州の「時期による宿泊費」の高低に焦点を当てて紹介します。

九州に安く旅行できる時期を狙っておトクに旅行しよう!

九州の宿泊費が安くなるのは特に1〜2月です。

なぜならこの時期は観光客が少なく、宿泊施設(旅館やホテルなど)の空きが多いからです。

✔︎補足)宿泊費は観光客が多い時期に高くなり、少ない時期に安くなる傾向があります。(観光客数と宿泊費を比較した記事)

九州の観光客の月別の推移を見てみましょう。

月毎の宿泊費は観光庁のデータを基にして平均化。(データは宿泊の相場が大きく変動するイベントが無かった2019年を使用)

1〜2月は観光客が少なく、次点で6,9,12月の観光客が少ないことが分かります。

個人的な見解ですが1〜2月は九州といえども寒いこと、正月以外にまとまった連休が無いことが理由だと思われます。

6,9月は、それぞれゴールデンウィーク、お盆の連休直後だから休みを取らない、または消費を抑えるために旅行に行かないからだと思われます。また12月は師走で忙しい。。。

九州で旅行に行くなら、観光客が少ない1〜2月がベストだと思います。

✔︎別府や由布院、黒川などで温泉旅行がおススメですが、温泉宿の場合、冬場は高くなる可能性あり。

また寒いときに出かけるのが嫌なら、連休明けの6,9月も観光客が少ないのでおススメです。特に9月なら梅雨も無いため、快適に過ごせる季節です。

実際、宿泊費は観光客が多い時期に高くなり、少ない時期に安くなることを確かめるために、ある一つの宿の部屋に注目して高い時期と安い時期の料金を比較してみました。

ANAインターコンチネンタル別府リゾート&スパの料金(2名分)

結果、観光客数が多い8月に比べ、少ない9月は宿泊費が明らかに安い傾向にあることが分かりました。

上記グラフは九州という枠で宿泊者数の推移を取りまとめたものですが、参考までに九州の都道府県別宿泊者数の推移も載せておきます。

参考)九州の都道府県別の宿泊者数推移

都道府県別に見ても、通年を通して、1〜2月、6,9,12月は観光客数が少ないことが分かります。

特に沖縄は7〜8月の夏季は観光客数が非常に増えています。逆に言うと、沖縄は7〜8月を避ければ、かなり安く旅行に行ける可能性が高いです。

人にもよりますが、沖縄は2月でも長袖のシャツと、その上に羽織るもの1枚あれば快適に過ごせます。(管理人の体感)

住んでいる地域で「寒い寒い…」と感じる中、建国記念日と土日をくっつけて沖縄へ旅行するのはアリです。

九州旅行が安い時期についての紹介は以上です。以下に旅行をさらに安くするコツを紹介します。

安い時期に宿泊費と交通費をさらに安くする事で、コスパ最大の旅行が可能になります。

 

宿泊費を安くする方法

旅行代理店や宿泊予約サイトのセールはもちろん、それらの会社が独自に発行している「クーポン」を活用するのが、宿泊費を抑えるコツです。

セールの情報はオープンになっていて、今やGoogleが最安値を提案してくれるので誰でも簡単に知ることができます。(誰でも知っていることには価値が無い)

しかし「クーポン」を適用した上での最安値は簡単に調べることはできません。

なぜなら、クーポン毎に利用可能金額などの条件が付帯しており、その条件を全てシステムで解析することは難しいからです。

例えば、以下のようなクーポンがあります。

宿泊料金が5000円オフになる上に、Go To Travelとの併用もできる優れたクーポンです。

しかし、利用者はauスマートパスプレミアム会員限定、利用期間、最低利用料金などに条件があります。

これら条件を全て考慮して、クーポンを適用した価格を自動でネット上に掲載することは極めて困難です。(手動で探す必要あり)

本ブログの管理人はコスパに徹底的に拘っています。(元々、コスパ良いものが好き+旅行好き→お金が有り余っている人以外、旅行に安く行けるブログを作る)

色んな宿泊予約サイトのクーポンを見てきましたが、宿泊に関しては「Relux(auの関連会社)」のクーポンが1番優れていると思っています。

例えば、以下のようなクーポンがあります。

50%オフクーポン

ANAインターコンチネンタルのジュニアスイートルームにクーポン適用:宿をメインに楽しむ場合

ANAインターコンチネンタルのジュニアスイートが2人で45500円になることは、ほぼありえません。(実際に泊まった記事はこちら)

いつも50%オフクーポンが発行されている訳ではありませんし、auスマートパスプレミアムの費用(499円/月)が必要になりますが、旅行好きなら余裕で元を取れると思います。

(上記の例だけで、約7年分の会費の元を取っています)

auスマートパスプレミアムとReluxの組み合わせで宿泊費を抑える記事はこちら

 

交通費も安くする方法

交通費を安くするコツは事前予約やキャンペーンの利用です。

高速バスや新幹線、飛行機などの会社はお客さんが少なくても運行に必要な費用は、さほど変わらないので、なるべく「空席を減らしたい」と思っています。

上記のような交通系の会社からすると早いタイミングで予約してくれれば、あらかじめ空席を減らすことができるというメリットがあるため、料金を安く設定できるのです。

また旅行が安い時期を狙って事前に予約することも旅費削減には大事ですが同時に、お客さんを集客するためのキャンペーンを利用することも大事です。

例えば、

新幹線

事前予約のネット割(e5489など)、キャンペーン(どこでもドアきっぷなど)、限定列車割引(旅行代理店などで購入可能)などがあります。

新幹線をキャンペーン(どこでもドアきっぷ)をGo To Travelで割引する記事はコチラ

✔︎内容:JR西日本全線(新幹線含む)が3日間乗り放題で9000円(Go To Travelで宿泊とセット)

飛行機

事前予約ネット割(旅割(ANA SUPER VALUE)など)、特典航空券(一緒にマイル割今週のトクたびマイルなど)、LCCの割引などがあります。

飛行機をキャンペーン(一緒にマイル割)で割引した記事はコチラ

✔︎内容:関西⇄宮古島往復が2人で10000マイル+31000円(ANA)

通常料金で乗りたく無くなりますよね。。。事前予約やキャンペーンを利用すれば、旅費を大幅削減することができます。

個人的には、

などは事前予約やキャンペーンでの割引率が大きくておススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

旅を愛するオジサン。 妻とはオシャレ旅をするが、オジサン同士のダラダラ旅や、登山で単独行も好き。 47都道府県全てを旅行するのが目標で、行って良かったとこ、密かに狙っているところを紹介していきます!