言語切り替え

札幌駅からアクセスの良い高級ホテル「エーデルホフ札幌」のプレミアムフロアを徹底解明!

この記事では「札幌駅とすすきのへ徒歩15分以内にアクセスできる温泉付きの高級宿」を紹介します。

内容はロビー、部屋(プレミアムフロア)、風呂、食事と、参考として宿の場所です。

北海道の自然が好きすぎて、毎年、北海道に行っています。特に札幌は、都市の作りが綺麗で、食事も美味しいため、必ず一泊する街です。

色んなホテルに泊まりましたが、ホテルの設備やサービス、アクセスの良さなどを考慮すると、札幌では「エーデルホフ札幌」が最も優れたホテルだと思っています。

2021年5月、最上階にプレミアムフロアがオープンしたと聞きつけて実際に宿泊してきました。

設備やサービスなどを実際に宿泊して感じた感想とともに紹介します。

札幌の高級ホテル「エーデルホフ札幌」のプレミアムフロアを徹底解明!

モントレ・エーデルホフ札幌(以下エーデルホフと記載)は近代ヨーロッパのような雰囲気のクラシックホテルです。

23階建ての高層ホテルで、札幌のランドマークタワー的存在です。

客室の最上階は22階となっており、2021年にラグジュアリーなプレミアムフロアをオープンしました。

内装が新しいだけでなく、設備面、サービス面に下記のような特徴があります。

  • シャワーがミラブルplus
  • コーヒーマシンがネスプレッソ
  • ベッドはシモンズ
  • 天然温泉「カルロビ・バリ・スパ」のフリーパス

以下ではホテルの隅々まで詳しく紹介していきます。

ロビー

富良野から札幌のホテルへ到着。ホテルの駐車場(地下:1500円/日)に車を停めた後、部屋へ荷物を置くためにチェックインします。

当日、宿泊する部屋がホテルでPRされていました。

リゾートホテルのような広々したロビーでは無く、オフィスビルの1階のような細い通路が並ぶロビーです。

早速、チェックインしてプレミアムフロアへ向かいます。

部屋(プレミアムフロア)

プレミアムフロアの部屋は以下の4種類あります。

  • スタンダードツインルーム
  • ラージツインルーム
  • スイートルーム
  • プレミアムスイートルーム

今回は割引のコスパが良いラージツインルームを選びました。

22階のプレミアムフロアへ到着です。

カードキーをかざして、プレミアムフロアへの扉を開けます。

エレベーター、プレミアムフロアへの立ち入り、部屋に入るのに全てカードキーが必要なのでセキュリティの意味では抜群です。

(カードキーの出し入れが少しめんどくさい)

さっそく、部屋に入ります。

部屋自体は27m2と広くは無いですが、高級感のある内装になっています。

ウェルカムメッセージが手書きで置いてあり、ありがたや。

空気清浄機もプラズマクラスターの上位機種を使用しており、細かなところまで拘っているのが分かります。

そう、ベッドのコンセントもです。これ大事。

スパのフリーパスが付いており、スパの女風呂はミラブルplusが付いていますが男性用には、ありません。

部屋のお風呂でミラブルplusだけ試しました。なんだろう、水圧が弱くなっている気がする。。。水圧弱くなるなら要らない。

参考)プレミアムフロアから部屋の隅々まで撮影した動画はコチラ

風呂(カルロビ・バリ・スパ)

都心で天然温泉に入れます。泉質はナトリウム塩化物なので、無色透明です。

引用:https://www.hotelmonterey.co.jp/edelhof/restaurant/shop/46.html

スパなので温泉以外にも以下のような設備があります。

  • 岩盤浴
  • サウナ
  • マッサージ
  • ラウンジ(お気に入り)

特に、ラウンジは男女の風呂場から、それぞれ集まってお酒やおつまみを楽しめる場となっているためお気に入りです。

ラウンジにはくつろげるソファやテーブルがあり、大きな銭湯の休憩所みたいです。

新型コロナ感染対策で、お酒やおつまみを売っている売店は閉まっていましたが、本来はカップルや友人同士で寛ぐのに最高の場所です。本当はサッポロクラシックをジョッキで飲めます。

カルロビ・バリ・スパの利用料はビジターは、一人当たり3000円、宿泊者でも2500円します。

プレミアムフロアに宿泊すると、カルロビ・バリ・スパの利用料が無料になります。

プレミアムフロア以外の部屋と、プレミアムフロアの部屋の宿泊料の差が2500円/人以内ならプレミアムフロアに泊まった方が得です。

食事

クラシックな雰囲気のダイニングです。

検温、消毒、手袋着用などコロナ対策の中、朝食を摂りました。

北海道産の素材を用いたメニューが多く、品数も沢山あります。

また、ライブクッキングでオムレツを焼いてテーブルまで持ってきてくれるサービスもあります。

熊の絵が可愛い。アスパラガスも添えてくれますが、前日に死ぬほど食べたので断りました。

参考)富良野の高級ワイナリーホテルに宿泊した記事(エーデルホフの前日に宿泊しました)

以上がエーデルホフ館内の設備とサービスの紹介です。

以下では参考として、宿の場所を簡単に説明します。

参考)宿の場所

札幌駅とすすきのとの中間にあり、以下の場所などへのアクセスが便利。

  • 札幌駅:徒歩7分
  • すすきの:徒歩10分程度
  • 二条市場:徒歩7分
  • 大通公園:徒歩5分
  • 札幌テレビ塔:徒歩5分

札幌テレビ塔では夏季にビアガーデンが開催されていました。サッポロクラシックとジンギスカンが食べ放題。コロナ対策で19時ラストオーダーだったらしく、晩御飯を食べ損ねました。

仕方なくエーデルホフのビルの1階北側にはセイコーマートがあるため、晩御飯を買い込み、部屋で食べました。やき弁以外のチョイスは適当。ジャガビー(インカノのめざめ)は甘過ぎ。。。

以下では参考として「ホテルモントレ・エーデルホフ札幌」に安く宿泊する方法と、その他の北海道の観光スポットやグルメは以下の記事に纏めています。

ポイントバックも含めると、プレミアムフロアのラージツインルームに二人で16600円で宿泊できたことになります。(朝食、カルロビ・バリ・スパ付き)

⇒参考)ホテルモントレ・エーデルホフ札幌に安く宿泊する方法

⇒参考)北海道の観光記事まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

旅を愛する30代。 妻とはオシャレ旅をするが、オジサン同士のダラダラ旅や、登山で単独行も好き。 47都道府県全てを旅行するのが目標で、行って良かったとこ、密かに狙っているところを紹介していきます!