言語切り替え

関東に安く旅行できる時期は1〜2月と6月

関東旅行に行きたいけど、できるだけ出費は抑えたい!ただし、質は落としたく無い。

そんな悩みを解決する記事です。

本記事の内容

  • 関東の宿泊費が安い時期をデータに基づいて紹介(時期に関わらず宿泊費と交通費を下げる方法も)

旅費を下げるために重要なのは旅行が安い時期を知ることです。

なぜなら旅費が安い時期と高い時期で、全国平均で20%以上も差があるからです。

旅費には大きく「交通費」と「宿泊費」が含まれますが、特に「宿泊費」は時期によって大きく変動します。

本記事では関東の「時期による宿泊費」の高低に焦点を当てて紹介します。

関東に安く旅行できる時期を狙っておトクに旅行しよう!

関東の宿泊費が安くなるのは1〜2月と6月です。

なぜならこの時期は観光客が少なく、宿泊施設(旅館やホテルなど)の空きが多いからです。

✔︎補足)宿泊費は観光客が多い時期に高くなり、少ない時期に安くなる傾向があります。(観光客数と宿泊費を比較した記事)

関東の観光客の月別の推移を見てみましょう。

月毎の宿泊費は観光庁と総務省のデータを基にして平均化。(データは宿泊の相場が大きく変動するイベントが無かった2019年を使用)

1〜2月は観光客が少なく、8月は観光客が多いことが分かります。

関東は比較的、時期による観光客数の差は少ない方ですが、それでも多い時期と少ない時期で30%ほどの差があります。

8月はお盆の長期連休を使った旅行で観光客が多く、一方で1〜2月は連休も無く、寒い時期であることから観光客が少ないのだと思われます。

また、6月は梅雨でじめじめしていて、出かけたくないという事情から観光客が少ないのでしょう。

従って、関東旅行するなら、観光客の少ない1〜2月もしくは6月がおススメだと思われます。

実際、宿泊費は観光客が多い時期に高くなり、少ない時期に安くなることを確かめるために、ある一つの宿の部屋に注目して高い時期と安い時期の料金を比較してみました。

東京ステーションホテルの宿泊料金比較

結果、観光客数が多い時期に比べ、少ない時期は宿泊費が明らかに安いことが分かりました。

✔︎8月1〜10日にかけて宿泊料金が設定されていないのは東京五輪2021年が予定されているためです。(30程度、東京の宿を見ましたが全て設定がなかったです)

上記グラフは関東という枠で宿泊者数の推移を取りまとめたものですが、参考までに九州の都道府県別宿泊者数の推移も載せておきます。

参考)関東の都道府県別の宿泊者数推移

都道府県別に分解すると東京の観光客数がずば抜けて多く、次いで千葉県になっています。

また、上記でも述べましたが関東は都道府県別では時期による観光客数の増減は少ないです。

1〜2月、6月は観光客数が比較的少なく、旅費が安くなることは見込めますが、他の地域より時期によるコストメリットは少ないと思います。

以上が関東に安く旅行できる時期の紹介になります。

参考)関東だけでなく、全国的に見て旅行が安い時期はこちら

参考記事の紹介)時期を選ばす旅費を下げる方法

安い時期に宿泊費と交通費をさらに安くする事で、コスパ最大の旅行が可能になります。安くするコツを纏めた記事を参考に載せておきます。

交通会社や宿泊予約サイトなど企業が行なっているキャンペーンやクーポンを利用する↓↓

✔︎宿泊費と交通費を下げるコツ

都道府県が観光客を呼び込むために行なっている割引を利用する↓↓

関西の都道府県が独自で主催しているキャンペーンも開催しています。(以下の参考記事)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

旅を愛するオジサン。 妻とはオシャレ旅をするが、オジサン同士のダラダラ旅や、登山で単独行も好き。 47都道府県全てを旅行するのが目標で、行って良かったとこ、密かに狙っているところを紹介していきます!