言語切り替え

高速バスと宿泊のセットプランにGo To Travel適用で最安値旅行!

Go To Travelキャンペーンが始まってから、鉄道、飛行機、車などの交通手段と宿泊をセットにした旅行プランが人気になっています。

それには以下のような事情があります。

  • 個人で旅行を予約した場合、ほとんどの場合は宿泊費にしかGo To Travelが適用されない。
  • 一方、旅行会社が企画した旅行プランでは宿泊費に加え、交通費など旅行代金全体にGo To Travelが適用される。

(出典:観光庁資料)

つまり、個人で旅行を企画するよりも、旅行会社が企画した旅行プランの方が安くなる場合が圧倒的に多いです。

では旅行プランにGo To Travelを適用させることを前提として、最も安い交通手段は何でしょうか?

旅行人数によってはレンタカーや自前の車なども挙がるかもしれませんが、4人程度であれば高速/夜行バスを利用した方が安くなる場合が多いです。

(乗用車では乗車人数が少ないため、一人当たりの高速料金、ガソリン代などが高くつきますが、高速バスは大人数で高速料金とガソリン代を割るので安くなる場合が多い。)

つまり、少人数の旅行であれば、高速バス+宿泊のセットプランにGo To Travelを適用した方が最安値で旅行できる可能性が非常に高いです。

しかし、意外と大手旅行会社では高速/夜行バス+宿泊のセットプランは少ないです。

自分(管理人)が利用するために、探し回った結果を紹介します。

高速バスと宿泊のセットプランにGo To Travel適用で最安値旅行!

バスを使った旅行の目的を以下に分類しました。

  • 遠くても良いから、なるべく安く旅行したい(全国版)
  • 近場で安く旅行したい(地方版)

その上で高速バスと宿泊がセットになったプランを提供している旅行会社をピックアップしました。

全国版(夜行バスメイン)

自分でも利用するために検索しましたが、高速/夜行バス+宿泊をセットで予約できる会社やサイトは意外と少なかったです。

有名どころだと「WILLER」「高速バスドットコム」「LINEトラベル」「クラブツーリズム」「アミー号」などが高速バス+宿泊のセットプランにGo To Travelキャンペーンを適用することができます。

例えば、WILLERの「夜行バス+宿泊のセットプラン」と日本旅行の「新幹線+宿泊のセットプラン」料金を比べてみましょう

例として、旅行は新大阪⇄東京の往復+1泊のプランを挙げます。出発日は両者とも月曜日(2020年10月26日)としました。

日本旅行新大阪⇄東京+1泊の料金は最安値検索18395円でした。

定価は28300円ですが、Go To Travel適用で18395円になります。

さらに定価の28300円に対して15%分の地域共通クーポンがもらえます。

地域共通クーポンは1000円単位なので百円の桁は四捨五入され、4000円分もらえます

つまり、実際の負担額は18395円 − 4000円で14395円になります。大阪⇄東京+1泊込みの料金としては、かなり安いと思います。

(ホテル:ベストウェスタンホテルフィーノ東京秋葉原、新幹線:のぞみ利用)

✔︎参考)詳細は以下のプランです。

WILLER

新大阪⇄東京+1泊の料金は最安値検索11310円でした。

定価は17400円ですが、Go To Travel適用で支払いは11310円になります。

さらに定価の17400円に対して15%分(2610円)の地域共通クーポンがもらえます。

地域共通クーポンは1000円単位なので百円の桁は四捨五入され、3000円分もらえますつまり、実際の負担額は11310円 − 3000円で8310円になります。大阪⇄東京+1泊込みの料金としてはコスパ良すぎませんか?

バスは当然、3列独立+トイレ付きです。(4列は安いけど、しんどいからおススメしません)

Go To Travelを夜行バスに適用すれば遠方への旅行でも圧倒的な安さになります。

移動での身体への負担は新幹線の方が小さいですが、夜行バスなら朝一で目的地に着いているため、行動できる時間が増えるメリットがあります。

加えて他の交通手段と比べて料金も安いので、Go To Travelと併用できるのであれば、多少しんどくても利用価値があると思います。

一方、遠方への旅行ではなく、地方の移動圏内で旅行する場合は、大手ではなく地方の旅行会社で「高速バス+宿泊のセットプラン(Go To travel適用)」を予約した方が安い場合が多いです。

地方版

日本を8つの地域に分けると、北海道、東北、関東、中部、近畿、中国、四国、九州・沖縄に分類できます。

それぞれの地域で「高速バス+宿泊のセットプラン」にGo To Travelが適用可能な旅行会社の例を以下に挙げます。(管理人が調べた範囲)

参考)広島:オレンジバスツアーズ

地方版に記載の旅行・バス会社は全国版に記載の大手の旅行・バス会社と提携していることも多いです。(予約を取るのは大手、それを実行するのは地方の旅行会社なんてこともあります)

大手の旅行・バス会社から地方の旅行を予約すると、大手の旅行・バス会社の手数料分だけ高くなる場合があります。

関西⇄東京など、大きな距離を移動する場合は全国にバスの路線に網を張っている大手の旅行会社に頼らざるを得ませんが、東京⇄長野など小さな距離を移動するのであれば地方の旅行会社を利用することをおススメします。

「Go To Travelで安くなっている旅行をもっと安くしたい!」などコスパ重視の旅行には高速/夜行バスと宿泊をセットにしたプランがおススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

旅を愛するオジサン。 妻とはオシャレ旅をするが、オジサン同士のダラダラ旅や、登山で単独行も好き。 47都道府県全てを旅行するのが目標で、行って良かったとこ、密かに狙っているところを紹介していきます!