言語切り替え

【旅行記】ANAインターコンチネンタル別府のジュニアスイートルームに63%オフで宿泊!

この度、Go To Travelキャンペーンに加えて、頭のおかしい割引クーポンをゲットしたので、高級リゾートに泊まろう!という企画を行いました。

頭のおかしい割引クーポンとは、Reluxという宿泊予約サイトに掲載されている宿なら50%オフで宿泊できる、しかもGo To Travelと併用可能というもの。(一部適用外ありとのこと)

Reluxのレビューについての過去記事はこちら

クーポンの中身

ほんまに使えるんかな?と思いながら、前から行きたかった別府のANAインターコンチネンタルにクーポン適用。。。マジで使えた。。。ということで、飛行機を手配、どうせ九州行くならもう1泊ということで有給申請を出して、日曜→月曜の宿の予約を手配し、準備完了です。

別府随一のホテルANAインターコンチネンタルのジュニアスイートルームとは?

ANAインターコンチネンタル別府リゾート&スパは2019年8月に別府の高台に開業しました。

ホテルから別府の市街地を見下ろせる最高のロケーションかつ、お風呂は別府の温泉という贅沢仕様です。

全89室ある大型のリゾートホテルですが、個室に温泉の露天風呂が付いているのはクラブインターコンチネンタルの客室のみ(21室)。

クラブインターコンチネンタルの部屋に宿泊すると、専用のラウンジでアフタヌーンティー、イブニングカクテル、朝食を食べることができます。(全て無料)

アフタヌーンティー

✔︎アフタヌーンティーのメニュー(イブニングカクテル時と同じドリンクも頼めます)

イブニングカクテル

✔︎イブニングカクテル時のメニュー

朝食(無料だと思って食べすぎた…)

✔︎朝食時のメニュー(イブニングカクテル時と同じドリンクも頼めます)

しかもチェックイン、チェックアウトも、お茶やお菓子を食べながら、このラウンジでこなせるため非常に楽です。

特典満載のクラブインターコンチネンタルですが、21室のクラブルームの内、スイートルームという名前の付く部屋は3室しかありません。

  • プレミアムスイートルーム(95平米)
  • ジュニアスイートルーム(102平米)
  • パノラマ1ベッドルームスイート(145平米)

たまたま、行きたい日程でジュニアスイートルームが空いていたので、クーポン使って泊まることにしました。

到着

大分空港へ到着(11:20)。空港の機内預けの荷物受け取り場に、何故か雲丹が回っています。

空港でレンタカーを借りて、とり天の名店(東洋軒)でランチを食べた後に、別府へ向かいます。

●東洋軒の「とり天定食」

無料の高速道路を利用すれば約40分で空港から別府へ到着することができます。

なお、ANAインターコンチネンタルは別府温泉方面からアクセスする場合、坂の途中で唐突に入口が現れるため、通り過ぎてしまわないように注意が必要です。

入口に入って直ぐ、ホテルのスタッフが立っていて、案内を開始してくれます。

名前を伝えて、宿泊確認できると、車を駐車場まで運んでくれ、荷物も部屋まで運んでくれます。

なお、僕たちは費用節約のため、軽自動車を借りたのですが、スタッフさんがインカムで「ジュニアスイートに宿泊のたびすぽ様、軽自動車でこられました。配車お願いします」と会話していました。

黒川温泉の月洸樹に宿泊した時も軽自動車だったのですが、周りがフェラーリやらアルファロメオ、ベンツなどの外車しかいない状況に軽自動車で乗り込むのは最高ですよ。

駐車場に並ぶ高級車の中に、ぽつんと軽自動車が停まっているのを見ると、少しの恥ずかしさとともに、気分が高揚してきます。

。。。話が脱線しましたが、無事にホテルの中へ入り、チェックインのためクラブインターコンチネンタル専用のラウンジへ案内されました。

クラブインターコンチネンタルルームの部屋のカードキーがないと扉が開かない仕組みになっています。

中に入ると席へ通され、イギリスの貴族っぽいお菓子の皿が出てきて、飲み物を注文します。(無料)

飲み物はソフトドリンク、アルコール(ビール、ウイスキー、日本酒、焼酎、シャンパンなど)など、ほぼ何でも注文可能です。

チェックイン後に車を運転しないなら、お酒を飲むのも良いでしょう。(シャンパン2杯、ビール1杯飲みました)

ちなみに、クラブラウンジは時間によってメニューが異なりますので、何回行っても飽きません。

とり天定食食べた後に、間を開けずアフタヌーンティーのお菓子をがっつり食べて、お腹がはち切れそうになりながら、部屋へ案内されました。

ジュニアスイートルーム

ジュニアスイートルートはクラブラウンジのある3階よりも1フロア上の4階にあります。(414号室)

クラブラウンジの目の前にあるエレベーターから4階へと向かい、右手に曲がって真っ直ぐ進み、左手に414号室があります。

部屋をカードキーで開けると。。。

リビング

お、おう。。。2人で持て余す広さやな、キャッチボールできそうなくらい広いです。(やったらダメ)

冷蔵庫周りのミニバーは、ネスプレッソと水は無料、その他は。。。コーラ900円、ビール1200円だと?!。。。後でクラブラウンジに飲みに行こ。

ソファーテーブルにはピエール・エルメのお菓子と果物があります。(無料)果物はクラブラウンジに電話すればカットして、部屋に持ってきてくれます。

●果物はカットしてくれます(洋梨は少し酸化)

リビングの隣にはオシャレな木細工のふすまで囲まれた寝室があります。

寝室

クイーンサイズのベッドが2つ。枕はフィットしなければ、種類を変えてもらうことができます。(クラブラウンジに電話)

壁掛けのテレビと充電用のUSBコンセント、自動で開閉可能なカーテンがあります。

窓の奥には、別府を一望できる絶景!

寝室にある扉を開けると、なんとお風呂(内風呂)に直結しています。

内風呂

内風呂にはシャワールーム、浴槽、トイレがありますが、トイレ以外は別に露天風呂があるため、あまり活躍する場はありませんでした。

✔︎別府温泉は硫黄の香りがきついため、露天風呂に入った後は内風呂で硫黄の匂いを落とした方が良いと思います。

洗面所

内風呂の対面には洗面所があります。備え付けのドライヤーは4万円もするREPRONIZER(4Dプラス)です。妻が「髪さらさらなった!」と言っていました。

あと、歯ブラシが使い捨てには勿体無いくらい質が良く、洗って持ち帰った方が良いです。(持ち帰りました)

内風呂と洗面所の通りを歩いていくと、ウォークインクローゼットがあります。

ウォークインクローゼット

バスローブや下駄、浴衣などの衣類系が揃っています。(バスローブがぐちゃぐちゃなのは、すぐに部屋の露天風呂に入ったため…)

正直、こんなスペースあるなら、無くして宿泊料金を1000円くらい下げたら良いのにと思いましたが、そういうことでは無いんでしょう。。

服を脱ぎ散らかしてリビングに直結している露天風呂へ向かいます。

露天風呂

左手に露天風呂、右手にテーブルとソファがあります。

露天風呂はお湯のバルブと水のバルブで温度を調整します。

当然、露天風呂は温泉です。別府温泉の濃厚な硫黄臭が立ち込めます。

言っていいのか分かりませんが、大浴場も温泉なのですが、明らかに部屋の露天風呂の方が硫黄臭が強い。。。

まさか大浴場は温泉薄めて。。。何でもないです。

✔︎部屋の全景を動画で撮り、you tubeへアップしました(容量多いので、WiFi環境下での視聴をおススメ。

その他設備(ジム、プールなど)

クラブインターコンチネンタル専用のメリットは以上ですが、他にも共通で利用できる設備があります。

ジム

1階にあるプールや大浴場のそばにフィットネスジムがあります。

ウォーキングや筋トレなどができますが、そんなに広くないし、せっかく良い宿に泊まったのにジムで時間使いたくないという、貧乏症が発病して利用しませんでした。

プール

所謂、絶景のインフィニティプールです。夜はライトアップされていますが、利用できる時間は9:00〜21:00と短いです。

チェックアウトが11:00、朝食が8:00〜10:40までなので朝は利用しづらい、夜も夕食後行くとほとんど利用できる時間が無いため、ちょっと使い辛いなと思いました。

ザ・ラウンジ

有料のバーです。。。

ANAインターコンチネンタル別府は11:00〜18:00の間は別府駅とホテルを結ぶ連絡バス(無料)で送迎がありますが、18:00以降は車かタクシーでしか街中へアクセスできません。

✔︎ちなみに歩くとANAインターコンチネンタルから街中の別府温泉まで歩くと7.8km、1時間半かかります。

つまり、クラブラウンジが使えない場合、お酒を飲もうとすると、実質的にバー(ザ・ラウンジ)へ立ち寄る必要があります。

お酒の価格は言うまでもないので、晩酌したい場合は事前にコンビニなどで購入しておいた方が良いです。(部屋への持ち込み不可ルールは無いはず)

アクセス

関西⇄大分は新幹線または飛行機でのアクセスを考えますが、飛行機で行った方が圧倒的に便利です。(車は嫌、しんどい)

何故なら、大分には九州新幹線が通っていないため、思った以上に時間がかかるからです。(新大阪から4時間くらい)

一方、飛行機を使えば伊丹空港から1時間で大分空港へ着きます

そのまま大分空港でレンタカーを借りて、別府に行くのが最短かと思います。大分空港から別府まで、無料の高速道路が通っていて、約40分で到着することができます。

従って関西からなら、飛行機に乗って2時間もすれば別府温泉へアクセスできます。

費用は飛行機、レンタカーともに最大限節約すれば以外と高くないです。

例えば、飛行機ならANAの「今週のトク旅マイル」かJALの「どこかにマイル」で関西⇄大分路線が対象になるのを狙う。

●ANAの「今週のトク旅マイル」

レンタカーはじゃらんレンタカーのクーポンを利用して確保すれば非常に安上がりです。

旅行代理店や宿泊予約サイトを利用して「宿」と「飛行機、レンタカー」をセットで予約すればGo To Travelキャンペーンの適用を受けることができますが、ANAインターコンチネンタルに泊まる場合は、おススメできません

何故なら、ANAインターコンチネンタルの宿泊費が高くてGo To Travelキャンペーンの適用上限(1人あたり1泊につき4万円まで35%還元)をオーバーするため、「飛行機、レンタカー」の分まで割引が効かなくなるからです。

めちゃくちゃ高い宿に宿泊する場合は、単品で徹底的に宿を安く予約して、飛行機やレンタカーなどの移動手段もなるべく安く仕上げた方がオトクな場合が多いです。

今回はGo To Travelキャンペーン+50%オフクーポンを宿に適用できたため、上記の手段を取りました。

そして、50%オフクーポンをもう1枚手に入れたため、宿泊予約サイト「一休」で九州No.1の旅館に選ばれた「奥日田 うめひびき」へ宿泊することにしました。

続きは→大分の高級旅館「うめひびき」に宿泊66%オフでしてきた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

旅を愛するオジサン。 妻とはオシャレ旅をするが、オジサン同士のダラダラ旅や、登山で単独行も好き。 47都道府県全てを旅行するのが目標で、行って良かったとこ、密かに狙っているところを紹介していきます!