USJを混雑と待ち時間無しで快適に楽しむ方法

この記事では「USJへ行きたいけど混雑を避けて、待ち時間無しで遊べる方法ってないの?」という質問に答えます。

内容は

  • 「貸切イベント」チケットを手に入れれば混雑無し、待ち時間無しで遊べる
  • 参考)チケットの入手方法

です。

管理人は昔から関西に住んでいることもあり、何度か通常のチケットでUSJへ遊びにいっています。

USJができた当初は空いていて、チケットも安かったのですが、最近は混雑していてチケットもディズニー並みに高くなりました。

しばらくUSJに行ってなかったのですが「貸切イベント」チケットを入手する機会があり、行ってきました。

混雑や待ち時間とは無縁の快適なUSJを楽しむことができたので紹介します。

USJを混雑と待ち時間無しに快適に楽しむ方法

USJを待ち時間や混雑無しに楽しむ方法は「貸切イベントチケットを利用する」です。

「貸切イベント」チケットとは、

チケットを持っている人のみ、特定の時間USJ内で遊ぶことができるチケットのことです。

一般チケットの人は入場できないので、USJ内が混雑しないし、待ち時間も無くなります。

そのチケットを利用するメリットと入手方法を実体験に基づいて紹介します。

「貸切イベント」チケットを手に入れれば混雑無し、待ち時間無しで遊べる

利用の流れから、メリットを紹介していきます。

「貸切イベント」チケットを入手してUSJへ向かいました。

入場ゲートでチケットを提示して入場した後、以下の招待券を園内の施設で見せると「貸切イベント参加者専用のリストバンド」がもらえます。

●貸切イベント招待券

●貸切イベント参加者専用のリストバンド

リストバンドを着ける意味は、USJの職員が一般入場者と貸切イベント参加者を一目で見分けるためです。

貸切イベントは一日中、貸切ではなく決まった時間から貸切になります。

例えば管理人が参加した時は、

  • 14時から入園可能
  • 19時以降は貸切イベント参加者のみ

という条件でした。19時以降に一般入場者が貸切イベントに紛れ込まないためのリストバンドです。

●夜でも見やすいようにリストバンドは光る

さて、19時を過ぎると、USJ内にいる人の数がガクッと減ります。

19時から貸切イベントチケットのメリットが出てきます。

メリット1:混雑無しのパレードを見れた✔︎余裕で最前列から見れた。

メリット2:並ばずにアトラクションに乗れた✔︎通常90〜120分くらいの待ち時間が発生するフライイングダイナソーに待ち時間0で乗れた。

✔︎ルパンや、ゴジラなど期間限定のアトラクションも待ち時間0で乗れた。

実際に貸切イベントチケットを使ってみると以下のように園内を回ると最も効率的だと分かりました。

  • 一般入場者と一緒の14時〜19時の間は待ち時間の少ないアトラクションに乗る
  • 貸切イベント参加者専用の19時以降は普段、待ち時間の多いアトラクションに乗る

混雑無し、待ち時間無くUSJで遊べる貸切イベントチケットは以下の方法で入手可能です。

 

参考)チケットの入手方法

懸賞へ応募」と「ラクマやメルカリなどから購入」の2通りがあります。

以下で、それぞれの特徴を簡単に紹介します。

懸賞へ応募

USJは数多くの企業とコラボして貸切イベントを行っており、懸賞に応募して当選するとチケットがもらえます。

しかし、1企業あたりの当選者の人数枠が少なく倍率が高くなることが多いので、中々当たりません。

そこで、オススメなのがクレジットカード会社が開催する貸切イベントです。

例えば三井住友カードはUSJに協賛しており、1〜2万人規模の貸切イベントを開催しています。

キャンペーン期間中の買い物の「回数」が多いほど当選しやすくなるので、少額の買い物を沢山すれば、高確率で当選します。

確実では無いですが、当選すれば無料で貸切イベントに参加できます。

ラクマやメルカリなどから購入

貸切イベントのチケットはラクマやメルカリなどからも購入することができます。

出品のされ方は大きく2通りあります。

  • チケット全て(14:00から入場でき、19:00から貸切で遊べる):ペアで1万円前後
  • 一部のチケット(19:00からのみのチケット):ペアで5千円前後

USJの通常チケットは正規で購入すると8200円もします。 しかも通常のチケットではアトラクションに乗るには長時間並ぶ必要があります。

14時から入園できるチケットでもペアで1万円前後なら、19時から待ち時間がない分、正規で購入するよりもお得だと思います。

以上、「混雑無し、待ち時間無しでUSJを楽しむ方法」でした。その他の大阪の観光スポットやグルメは以下の記事に纏めています。

⇒参考)大阪の観光記事まとめ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

旅を愛する30代。 妻とはオシャレ旅をするが、オジサン同士のダラダラ旅や、登山で単独行も好き。 47都道府県全てを旅行するのが目標で、行って良かったとこ、密かに狙っているところを紹介していきます!