【グルメ】京都に25年住んでいた地元民がおススメする穴場グルメ7つ!

この記事では「京都の観光雑誌やガイドブックに載っていない、地元民行きつけのおススメグルメ」を紹介します。

管理人は小学生〜社会人までの25年間、京都に住んでいました。社会人になり結婚した今でも近隣の都道府県に住んでおり、グルメを食べに京都へ行っています。

雑誌などに紹介されるお店ではなく、地元ネットワークの繋がりで知ったお店ばかりを紹介します。

京都で穴場なグルメスポット7つ!

立地が山の上にあるカフェ、肉汁溢れるハンバーグなどジャンルを問わず、色んなタイプのグルメを載せています。

食べログのランキング検索でも上位に出てこないお店ばかりです。

食事の美味しいカフェ:茂庵

街中にある山の上という特殊な場所にあるカフェです。左京区の京都大学吉田キャンパスの側にあります。

場所柄、京都の地元民ですら知ってる人は少ないですが、オシャレで落ち着いた雰囲気のいいカフェです。

カフェだけでなく、食事も美味しいのでグルメとして紹介しましたが、カフェとして詳しく以下の記事で紹介しています。

⇒参考)穴場カフェとしての茂庵

道中は下の写真のような京都らしい道が続いており、女性受けがとても良いです。結婚するまでに、付き合った女性は必ず連れていっていました。

ハンバーグ:とくら

参考)肉汁溢れる動画はコチラ

肉汁溢れるハンバーグが人気です。京都に住んでいる人なら半分くらいは知っています。

京都に3店舗あり、本店は「桂」、支店は「烏丸御池」と「竹田」にあります。

観光客として来店するなら、立地が良い点で、烏丸御池店がおススメ。

どうしても本店で食べたければ、JR桂川駅から10分歩くか、車で行く必要があります。

本店は駐車場が車5台分あり、満車だったとしても結構回転早いので少し待てば空きます。

ただし狭くて停めにくいので、大きい車は止めた方が良いです。一度ぶつけた苦い経験があります。

参考)肉汁溢れる系ではなく、肉肉しい味が好きなら「くいしんぼー山中」がおススメ。(とくら本店の近くにあります)くいしんぼー山中の近江牛ハンバーグ

ピザ:ピッツェリアアル・カミーノ

ピザ釜で一枚一枚焼き上げてくれる本格ピザ屋です。

実は京都といえば和食の次にイタリアンが有名です。イル・ギオットーネ、オルト、キメラなど全国的に名前が知られているイタリアンが出店している激戦区です。

元々、ピッツァリアアル・カミーノは、管理人の行きつけのイタリアン「カ・デル・ヴィアーレ」に紹介されて知りました。(姉妹店だそうです)

焼き上がりに時間がかかるため、ピザの提供は遅いですが、美味しいのでリピートしています。

コスパも良く、特にランチがおススメです。前菜盛り合わせとピザ(上の写真くらいが一人前)、ドリンクがついて1600円〜。

ラーメン:紅茶ラーメン紅

紅茶を使う斬新なラーメン

ベースは鳥豚骨醤油ラーメンでチャーシューやスープに紅茶を隠し味として入れています。

管理人は既に20回以上は来店していますが、一度もラーメンから紅茶っぽさを感じたことはありません。

管理人が何度も通っている理由は単純に美味しいからです。ピリ辛の鳥豚骨の背脂醤油スープとたまご麺が堪らない。

京都市北区の佛教大学のそばにあり、近くには京都の食べログランキング5位のラーメン屋「とうひち」がありますが、個人的には「ラーメン紅」の方が好きです。

✔︎晴耕雨読、第一旭、極鶏などよりもラーメン紅の方が好き。

ビアガーデン(夏限定):ANAクラウンプラザホテル京都

夏限定で開催されるANAクラウンプラザホテル京都のビアガーデン

特徴は食べ放題では無く、一品ごとに料金を支払うシステムです。食べ放題ではないので料理の質が高いです。

✔︎大阪など、他のANAクラウンプラザホテルのビアガーデンは食べ放題、京都が特別なようです。

おススメは、タンドリーチキンです。パリッとした皮とスパイスがマッチして美味。

このビアガーデンを割引する方法があります。一階フロントでビアガーデンの用のチケットを買うと1万円で1.1万円分の食事ができます。

料金は5000〜6000円/人と普通のビアガーデンよりも2000円/人程度高いですが、料理の質が高いので、良く利用しています。

景観も、二条城が見下ろせる好立地のため、観光目的で京都に来た人にもおススメ。

居酒屋:乃ん㐂

1983年創業の老舗居酒屋です。

春には京都産筍、夏には賀茂茄子、秋には海老芋、冬には甘鯛など京都の季節の食材を使った料理があります。

味はもちろん、メニューの豊富さが強みだと思っています。

京都の北大路駅のそば、紫明通にある細い路地の住宅街ど真ん中にあるので、知ってる人は少ないです。

管理人も大学生の頃のバイトの社員に教えてもらって初めて知りました。地元民で居酒屋好きなら知ってる人はいるレベルです。

bar:K家

入口が分かりにくすぎる難点を抱えているバーです。

町屋が並ぶ四条河原町そばの小道に、町屋を改造したバーとして開業しているので、パッと見では素通りしてしまいます。

内覧は和風のバーです。雰囲気がオシャレながら落ち着けるbarで、デート使いする人が多いです。

お酒の味だけでなく、おつまみの質も高いです。(飛騨高山の熟成乾燥サラミやパテなど)

価格は、2〜4杯で4000〜6000円/人くらいです。(おつまみ、テーブルチャージ込み)四条や京都市役所近辺で食事をした後、立ち寄りたいバー。

以上、「京都に25年住んだ管理人おススメする穴場グルメ7つ」でした。その他の京都の観光スポットやグルメは以下の記事に纏めています。

⇒参考)京都の観光記事まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

旅を愛する30代。 妻とはオシャレ旅をするが、オジサン同士のダラダラ旅や、登山で単独行も好き。 47都道府県全てを旅行するのが目標で、行って良かったとこ、密かに狙っているところを紹介していきます!