隈研吾が建築を手がけた梼原町の図書館がオシャレすぎる!

この記事では「高知市内から車で1時間半以内で行けるオシャレな梼原町の図書館」を紹介します。

内容は

  • 隈研吾が建築を手がけた雲の上の図書館
  • 参考)絶景が人気の四国カルスト

です。参考として、梼原町の近くにある四国カルストも紹介します。

妻が高知県出身のため、何度も帰省している内に色んな観光スポットへ行ってきました。

その中でも特に梼原町にある雲の上の図書館は高知市内から近く、質の高い観光地だったので紹介します。

✔︎参考)距離の遠さを問題にしないなら四万十や柏島もおススメ。

隈研吾が建築を手がけた梼原町の図書館がオシャレすぎる!

東大卒の建築家で、国立競技場などの建築も手がけた「隈研吾」が高知県の梼原町の図書館を設計しました。

木を独特のデザインで組み合わせた建築がオシャレすぎました。

隈研吾が建築を手がけた雲の上の図書館

高知市内から車で1時間30分、梼原町に真新しい図書館があります。

雲の上の図書館に入った感想は、オシャレかつ機能的で凄い。

中にカフェやボルダリングの設備などがあり、図書館とは思えません。

●図書館内のカフェコーヒー100円、ケーキ250円など良心的価格

購入した食べ物や飲み物は館内のスペースで飲食できる。

●図書館内でボルダリング高い天井を利用して無料のボルダリングスペースが設置。(靴も無料で貸し出し)

●蔵書も豊富(最新ファッション雑誌などあり)

●エレベーターもある(バリアフリー対応)鏡になっていて見つけにくい…

●トレーニングジム,マッサージ機もある(無料)

これだけ設備が整っていると、図書館で1日過ごすことができます。

パッと写真だけ撮るつもりで立ち寄りましたが、気づいたら3時間くらい図書館で遊んでました。観光目的でも十分時間を潰せます。

また、図書館だけでなく、梼原町自体がオシャレな雰囲気。良さげなカフェに立ち寄りました。

マスターは東京の南千住にある名店「バッハ」で修行を積んでカフェをオープンしたようです。

売れ行きのいいクリームチーズケーキを注文しましたが、めちゃ美味でした。

以上が隈研吾が設計を手がけた梼原町の雲ノ平の図書館の紹介になります。

以下は参考として、梼原町から車で30分の距離にある四国カルストの紹介になります。

参考)絶景が人気の四国カルスト

四国カルストは愛媛と高知の県境となっている台地です。

愛媛側、高知側のどちらからでも車でアクセスできます。標高1400mの高所です。

特徴的なカルストの岩、風車、放牧されている牛などのどかな風景が広がっています。テントを張ってキャンプを楽しむこともできるようです。

●カルストと風車

●放牧されている牛

●キャンプもできる

自然豊かですが、売店や食事ができる建物もあります。

●売店のある建物

●屋台のホットドッグ(380円)

高所(1400m)にあるため、地上よりも気温が低く(8.4℃低い)、春・秋だと寒い。

一方、夏場は涼しく、キャンプの穴場です。

ジオパークや仁淀川といい、高知は自然保護で何でもかんでも立ち入れないようにしてないのがイイ。

 

四国カルストの動画

梼原町からアクセスの良い観光地は以上です。

その他、高知市からアクセスが良い自然の観光地として、仁淀川もおススメです。(市内から車で30分くらい)

⇒参考)透明度が高すぎる仁淀川へ行ってきた!

高知県全体の観光スポットやグルメなどの情報はコチラ

⇒参考)高知の観光記事まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

旅を愛する30代。 妻とはオシャレ旅をするが、オジサン同士のダラダラ旅や、登山で単独行も好き。 47都道府県全てを旅行するのが目標で、行って良かったとこ、密かに狙っているところを紹介していきます!