レンタカーは「じゃらんレンタカー」が激安!予約や使い方を紹介

この記事では「レンタカーを安く借りたいけど、良い方法を知らない」という悩みを解決します。

内容は「クーポンの割引額が大きく、様々なレンタカー店を取り扱っているじゃらんレンタカーで予約」です。

数十回レンタカーを借りてきた経験上「じゃらんレンタカー」が一番安いことが多かったです。

レンタカーの割引自体はクレジットカードの特典や、レンタカーショップの会員割引など様々な種類があります。

一方、その割引は特定のレンタカー店を対象にした物が多く、様々なレンタカー店に適用できる割引は少ないです。

その点、じゃらんレンタカーは割引額も大きく、様々なレンタカー店とも提携しています。

一番安いレンタカー店を選んで割引を適用するなどの使い方ができるため、個人的におススメです。

以下では実際に利用した例を示しながら、割引の種類や予約の仕方を紹介します。

 

レンタカーを借りるなら「じゃらんレンタカー」が別格に安い

じゃらんレンタカーのメリットは上述のように以下の2つです。

  • クーポンの割引額が大きい
  • 色んなレンタカー店から選べる

それぞれについて簡単に紹介します。

 

クーポンの割引額が大きい

5000円以上の予約で1100円、2万円以上の予約で4000円引きなど20%以上の割引クーポンが多いです。

クレジットカードやレンタカー店の特典は8〜15%くらいの割引が多く、じゃらんレンタカーの方が割引率は高めです。

その上、クレジットカードや会員特典は特定のレンタカー店でしか利用できません。

ニッポンレンタカーの輸入車を店頭価格から15%割引する特典

じゃらんレンタカーのクーポン獲得はこちら

以下では「じゃらんレンタカー」が提携しているレンタカー店を紹介します。

 

色んなレンタカー店から選べる

じゃらんレンタカーはトヨタレンタカー、ニッポンレンタカー、オリックスレンタカーを始め、地域密着型の店も含めて200店以上と提携しています。

⇒参考) じゃらんレンタカーの提携先一覧

田舎でもレンタカー店を見つけやすい、レンタカー店同士で価格を比較できるメリットがあります。

割引クーポンは基本的に、どのレンタカー店でも利用可能です。(偶に特定のレンタカーショップでしか使えないクーポンもあります)

キャンペーンなどで、旅行に行くタイミングで最も安いレンタカー店を選んで、そこに割引クーポンを適用すれば安くレンタカーを借りることができます。

以下では予約の仕方を利用した実例とともに紹介します。

 

参考)予約の仕方

予約の仕方は以下の通りです。

割引クーポンを取得する

 

②日付、借りる場所を入力して検索

 

③レンタカーのプランを探す

予約するタイミング次第では「ガソリン満タン返し不要」や「免責料金半額、無料」プランなどもあります。

レンタカーのプラン紹介の文言をしっかり読んでから予約した方がいいです。

クーポンが利用できるギリギリの低価格を狙うのが安くするコツ。クーポンは車両のレンタル代以外に免責料金込みで利用できます。

例えば、車体4000円+免責料金1000円のレンタカーを借りる場合は、5000円以上で利用可能なクーポンを使用できます。

④レンタカーを予約する

✔ガソリン満タン返しの料金は含んでいません。

予約は以上です。コンパクトカーなら免責、カーナビ、ETC機器込みで4000円/日程度の料金になります。

以上が「レンタカーは「じゃらんレンタカー」が激安!予約や使い方を紹介」の紹介になります。

以下に参考としてじゃらんレンタカーで、レンタカーを借りて旅行した記事をリンクしておきます。

⇒参考)【旅行記】ANAインターコンチネンタル別府のジュニアスイートルームに63%オフで宿泊!

軽自動車で乗り付けました。クラブインタコンチネンタル以上の宿泊者用の入り口で前はフェラーリ、後ろはポルシェに挟まれました。

⇒参考)黒川温泉の最高級宿「月洸樹」を徹底解明!部屋や宿泊した感想を紹介

軽自動車で乗り付けました。10部屋くらいしか無い高級宿で駐車場はホテルの入り口まん前。

ホテルから温泉街に出かけるときにランボルギーニ、フェラーリやポルシェ、AMGなどに囲まれて軽自動車が停まっていました。

(妻的に不満があるようだが、僕はそれでいいと思ってる)

⇒参考)【旅行記】北海道3泊4日(新千歳〜登別〜ニセコ〜札幌の旅)

軽自動車では無く、日産(マーチ)をチョイス。北海道はマジで軽自動車は止めた方が良いと思います。

理由は動物にぶつかったときにボコボコになるのと、高速に長時間乗るのでエンジンがうるさすぎる。

⇒参考)宮古島空港から街中までタクシー料金はいくら?コスパ良く遊ぶ!

マツダのデミオをチョイス。宮古島は高速道路無いので軽自動車でも良かった。周りも軽自動車かコンパクトカー乗りが多かったです。

宮古島から橋を渡って行ける離島は細い道も多いので、むしろコンパクトカーがおススメ。来間島の「楽園の果実」の周辺とかセダンではよう行かん。

一例ですが、以上になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

旅を愛する30代。 妻とはオシャレ旅をするが、オジサン同士のダラダラ旅や、登山で単独行も好き。 47都道府県全てを旅行するのが目標で、行って良かったとこ、密かに狙っているところを紹介していきます!