大阪で和食居酒屋に行くなら「沁ゆうき」がオススメ!

御堂筋線の中津駅から歩いて3分のところに、大阪屈指の名店、「沁ゆうき」があります。

 

「沁ゆうき」は和食を提供する居酒屋さんで食べログで「大阪 居酒屋」と検索すれば上位に食い込みます(2019年12月では2位)。

 

和食が食べたくなり当日電話したら、空いてるとの回答だったので、お邪魔させていただきました。どこか、落ち着く雰囲気のお店で味も素晴らしかったので紹介します。

 

大阪で和食居酒屋に行くなら「沁ゆうき」がオススメ!

場所

御堂筋線の中津駅から北東に3分歩けば直ぐ「沁ゆうき」に着きます。

▼外観

店内はカウンター席が9席、2人掛けのテーブル席が1つ、4人掛けのテーブルが1つあります。店内は禁煙ですが、店の外に灰皿があるので愛煙家の方は、そちらで吸えます。

 

メニューは豊富で「沁ゆうき」のお任せコース(7500円)を頼むのもありですが、悩みながら自分で選ぶのもアリです。メニューを全部数えてはいませんが、40種類以上ありそうです。

 

まずは、飲み物(アサヒスーパードライ中瓶600円)を頼んで、食事開始です。

▼付きだし(かぶら蒸し)

お邪魔したのは12月でした。冬にほっこりした付きだしを出してくれるのは、流石の心遣いです。

▼オクラとモロヘイヤの煮浸し

「ネバネバ系の野菜で元気を出そう!」と思って注文しましたが、煮浸しの出汁もあっさり目でしかもコクがありツルツル食べられました。モロヘイヤやオクラは味付け濃いめのお店が多い中、流石の味付けでした。

▼生カラスミと大根

料理が出てくる前は、普通のカラスミだと思っていたので、料理を見た瞬間「なんやこの栗きんとんは」状態でした。

 

普通のカラスミじゃなくて、乾燥前の「生」カラスミだったんです!柔らかい数の子のような食感、カラスミとウニの中間のような味でした。これは抜群に美味い!

▼フグの白子

居酒屋の定番メニューですが、臭みが全く無く、とても濃厚で一味違うフグの白子でした。

 

大阪でフグ料理の名門「あじ平」とどっちが美味しいかな。

▼海老芋の唐揚げ

冬のあったかメニューの定番、海老芋の唐揚げです。からりて揚げられており、べちょっと感が全くありません。

▼銀だらの西京焼き

銀だらは、やっぱり美味しい!西京焼きにすると旨味がじゅわっと、脂と一緒に出てきてたまりません。長野の松本でお邪魔した「十兵衛」の銀鱈の塩焼きと甲乙つけ難い!

▼長野 松本 十兵衛の銀鱈塩焼き

まとめ

カウンター席で食事をさせてもらいましたが、お店の大将は良く周りを見ていて、とても気遣いのできる方でした。

 

日本酒のリストをみると、高知のお酒の多かったので気になりましたが、なんと大将は高知出身でした。ゆうぼんの妻も高知出身で、当日のお客さんにも高知出身の方がおられ、高知トークで盛り上がりました。

 

料理のレベルも高いし、なによりホスピタリティ溢れる素晴らしい居酒屋さんでした!人気店なので前もっての予約は厳しいかもしれませんが、当日なら意外と空いてることがあるので、一度電話して予約の上、行ってみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

旅を愛するオジサン。 妻とはオシャレ旅をするが、オジサン同士のダラダラ旅や、登山で単独行も好き。 47都道府県全てを旅行するのが目標で、行って良かったとこ、密かに狙っているところを紹介していきます!