言語切り替え

マイルもGo To Travelの還元対象?現金を使わず旅行しよう!

新型コロナで海外旅行も無理だし、「マイルの使い道に困るなあ」と思ってたんですよ。Go To Travelは宿泊がセットでないと意味ないし、飛行機だけマイルで取っても還元されないというイマイチ仕様。。。

宿泊と飛行機がセットになって、マイルで支払えて、しかもGo To Travelの還元が受けられるプランがあれば最高だと思っていましたが、ANAとJALが2020年8月より、そんなサービスを始めました。

ANAとJALがそれぞれ「ANAパッケージツアー」「ANAトラベラーズダイナミックパッケージ」、「JALダイナミックパッケージ」など、飛行機と宿がセットになった旅行商品を販売するようになりました。

これら航空会社の旅行商品の特徴は、なんといってもマイルを使って支払いできて、Go To  Travelの還元を受けられることです。

マイルもGo To Travelの還元対象?現金を使わず旅行しよう!

まずマイルを直接旅行代金に充てるのではなく、Go To Travelを利用する場合は、ANAなら「SKYコイン」、JALなら「e JALポイント」に交換して利用する必要があります。

マイルはANA SKYコインなら「1マイル=1.2〜1.7コイン」、e JALポイントなら「1マイル=1ポイント」に交換することができます。

具体例として、ANAのマイルをANAスカイコインに替えてみましょう。

ANAスカイコインの交換ページからANAマイレージクラブへログインし、交換したいマイル数を入力します。するとANAマイレージクラブのステータスに対応したレートでANA SKYコインへ即座に交換することができます。

✔︎ANA SKYコインの有効期限は約1年と短いので、なるべく余らせないようにした方が良いです。旅行代金が決まって、その金額に合わせたマイル数を交換することを、おススメします。

(裏技として、マイルの有効期限が迫っている場合もANA SKYコインへ替えれば、ANA SKYコインとして有効期限を延命することができます)

交換したANA SKYコインを使って、旅行代金を支払った場合もGo To Travelキャンペーンの対象となり、きっちりANA SKYコインを還元してもらえます。(現金で還元してほしかったな)

ANA SKYコインが旅行代金に対して不足している場合は現金と併用した支払いも可能です。

また、還元されたANA SKYコインは次回以降の航空券や旅行に利用することができるため、利用の自由度が高いです。

ANAでも JALでも利用の仕方は、ほぼ同じですので、引き続きANAを例に旅行を予約してみます。

旅行商品

ANAでは大きく3つのタイプの旅行商品を扱っています。

  1. 好きな飛行機+好きな宿が選べるANAトラベラーズダイナミックパッケージ
  2. 好きな飛行機+決まった宿を選ぶANAパッケージツアー
  3. 飛行機は無しで、宿だけ選ぶANAトラベラーズホテル

です。①と②は飛行機の料金もGo To Travelの還元対象となります。

①飛行機+好きな宿(ANAトラベラーズダイナミックパッケージ)

「好きな飛行機」と「好きな宿」を自由に選べる、完全フリープランです。

②のANAパッケージツアーでは宿が限定されますが、こちらは滞在期間中の宿を一泊ずつ選べるなど極めて自由度が高いです。

数日滞在して、レンタカーなどで移動しながら色んな宿に泊りたい場合にオススメなプランです。

②飛行機+決まった宿(ANAパッケージツアー)

「好きな飛行機」と「決まった宿」を選べるパッケージツアーです。

宿の選択肢が少なく、滞在期間中の宿を自由に選ぶことができないため、①のトラベラーズダイナミックパッケージよりも自由度が低いですが、ツアーのため安価なのが特徴です。

京都のように狭い範囲で色んな場所を見て回るのであれば②がコスパも良くてオススメです。

(①、②の名前が区別しにくいので間違えないように注意)

③好きな宿(ANAトラベラーズ ホテル)

飛行機の予約は抜きに「好きな宿」のみ予約することができます。

宿のみ予約という点ではじゃらんや一休、Reluxのような宿泊予約サイトと同じですが、マイルを使えるという点が大きく異なります。

個人的な感想ですが、宿だけで見ると他の宿泊サイトで予約するよりも2〜3割程度、割高感があります。

利用の仕方

予約手順自体は一般的な旅行ツアーとほぼ同じです。

まずはANAトラベラーズにアクセスして、どんな旅行が良いのかを選択します。(①〜③から選ぶ)

  1. ANAトラベラーズダイナミックパッケージ
  2. ANAトラベラーズパッケージツアー
  3. ANAトラベラーズホテル

例えば「①ANAトラベラーズダイナミックパッケージ」だと、以下の手順で予約可能です。実際に予約しました↓↓↓

  • 旅行期間、フライト発着地、宿、レンタカーの要否を選択

コロナが明けたら行きたい旅行先ランキングNo.1の北海道へ3泊4日、3人で行くとしましょう。

  • Go To travelの対象になるか(東京在住か東京以外)を選択

上記で「検索する」を押してから数秒すると以下の画面に切り替わります。Go To Travelの対象地域に住んでいるかどうかのチェックです。

残念ながら東京在住の方はGo To Travelキャンペーンの対象外ですが、東京以外の地域に住んでいる方も「東京在住」を選択する必要があります。

そうしないと、例えば3泊4日など複数の日程で異なる宿を予約することができません。一旦、東京在住を選択する必要があります。(電話で問い合わせたところ、システム上のバグらしいです。)

東京在住のまま、予約を完了させた後、問い合わせメールのフォームから、「東京在住ではありません。Go To Travelの適用をお願いします」と連絡を入れる必要があります。

そうすれば、Go To Travelが適用されます。

  • 飛行機を選択

関西から出発する場合、「大阪すべて」を選択すれば価格、出発時刻ともに自由度が高くなります。

「基準便」と書かれている便が最安値です。基準便以外にも「その他のフライトを見る」から出発時刻を選ぶことができますが、基準便から時間が離れるにつれて、価格が高くなります。

「¥」マーク1つにつき、1人あたり2000点程度運賃が上がる目安です。基準便は席の空き具合によって多いときは1日数回は変更されます。

希望の出発、帰着時刻がある場合、旅行の予定日まで時間があれば待ってみるのも手です。(サービスの内容が変わらないのに追加料金払いたくない)

  • 宿を選択

好きな宿を選択することができます。ざっと見た感じ、大手の旅行代理店や宿泊予約サイトと同じくらいの数の宿が掲載されていました。

ANAトラベラーズダイナミックパッケージの面白いところは、たとえ3泊4日の旅程でも、宿を1泊しか予約しない選択が可能なことです。

ANAトラベラーズに掲載されている宿の宿泊料金は他の旅行代理店や宿泊予約サイトと比べて2〜3割程度、割高です。

あえてANAでは1泊分しか宿を取らず、残りの2泊は他の予約サイトから予約する方がおトクな場合も多いです。

また、Go To Travelの還元を最大化するのであれば1泊につき4万円以下の旅行代金に抑えることが大事です。(還元の上限)

飛行機+宿の料金が1泊あたり4万円以下になるように設計するのが、最もおトクに旅行するコツです。

飛行機の料金は安くすることが難しいので、宿で全体の料金を調整することをおススメします。

  • 個人情報入力

旅行者全員の個人情報を入力する必要があります。フルネームや年齢まで記入の必須項目となっているため、事前に聞いておいた方が良いです。

よっぽど仲良くなかったら年齢までは知らない場合もありますよね。

  • 支払い方法入力

「最後にお金を支払って終わり!」と言いたいところですが、このままではGo To Travelキャンペーンの還元が受けられません。

上述のANAのサイトのバグのせいです。問い合わせフォームから以下のような文言で還元の請求をしてください。

そうすれば、Go To Travelキャンペーンの適用をしてくれます↓↓↓

以上で予約の手続き完了です。余ったANA SKYコインはマイレージクラブのステータスに直ぐに反映されます。次回の旅行に使えます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

旅を愛するオジサン。 妻とはオシャレ旅をするが、オジサン同士のダラダラ旅や、登山で単独行も好き。 47都道府県全てを旅行するのが目標で、行って良かったとこ、密かに狙っているところを紹介していきます!