日本最高の超高級旅館5選!実際に宿泊してきた感想を紹介(温泉付き)

この記事では「高級旅館の上を行く、日本有数の超高級旅館」を紹介します。

内容は

  • 西村屋(城崎温泉@兵庫)
  • 石亭(宮浜温泉@広島)
  • 月洸樹(黒川温泉@熊本)
  • 加賀屋別邸「松乃碧」(和倉温泉@石川)
  • 松島左勘(松島@宮城)

です。「ふふ」「星のや」などの高級旅館は一般的に有名ですが、上記の超高級旅館は殆ど知られていません。

管理人は一般的なサラリーマンですが、1〜5割引で宿泊する方法を使って、定価では泊まれない超高級宿に宿泊しています。

部屋や食事などの情報と実際に宿泊した感想を、それぞれの宿をレビューします。

日本最高の超高級旅館5選!実際に宿泊してきた感想を紹介

以下で紹介する宿は知名度が低い超高級旅館です。超高級ホテルを含めると何十箇所か宿泊してきましたが、旅館に絞ってトップ5を厳選しました。

西村屋本館 兵庫

蟹が最高に美味しい旅館」です。冬場は、漁師から直接仕入れたタグ付きの高級松葉ガニが最適な調理をされて出てきます。

また、蟹の状態も良いです。城崎温泉の他の旅館では、一度冷凍した松葉蟹を使用している所も多い中、西村屋本館は「生」の松葉蟹を使用しています。

一度、西村屋で蟹を食べると他の場所で食べた蟹が全て不味く感じるほど美味しいです。

また、食事だけでなく、手入れされた日本庭園へ部屋から出られるのも西村屋の良い点です。

食事と日本庭園は素晴らしいのですが、風呂や部屋自体は特筆すべき点は無いです。

  • 部屋は全34室あり、いずれも8畳+前室程度の広さ
  • 風呂は内風呂一つと露天風呂一つ(男女別)

✔︎広いお風呂に入りたい場合は西村屋招月庭という系列のホテルのお風呂を無料で利用できます。(西村屋から送迎してくれます)

正直、風呂は「西村屋招月庭」の方が広さやオシャレさという点で良いです。

冬場に蟹を食べたくなったら割引料金で必ず泊まりに行っている旅館です。

参考)西村屋へ実際に宿泊した記事はコチラ

 

石亭 広島

庭が最高に楽しくて美しい旅館」です。広島県の厳島(宮島)の対岸にある超高級宿で、高台にあるため、部屋から宮島を眺めることができます。

部屋から直接アクセスできる美しい日本庭園には色んなコンセプトの「くつろぎ部屋」があります。

  • 岩をくり抜いた洞穴「凡々洞」
  • 珍しい文庫を読める「吸吐文庫」
  • 茶屋のようなくつろぎ部屋の「草々亭」

参考)凡々洞の中

庭だけでも石亭に行く価値があると思いますが、料理も美味しいです。

なぜなら石亭のルーツは旅館ではなく、料理屋(穴子屋)だからです。晩御飯には広島名産の牡蠣と穴子を使った料理が出てきます。(レベル高い)

余談ですが、1500坪の敷地の中に全12室しかない隠れ家的宿とあって、皇族の方も宿泊されているようです。

旅館の雰囲気、宿で遊べる、食事も美味しかったのでリピートしたい宿の一つです。

参考)石亭へ実際に宿泊した記事はコチラ

 

月洸樹 熊本

レストラン駐在のPepperくん

個室露天風呂が最高に気持ちいい旅館」です。10人は入れそうな露天風呂が部屋に付いています。

月洸樹:部屋「弓張」の露天風呂

露天風呂は全室源泉掛け流しの温泉で、露天風呂だけでなく内風呂もあります。

内風呂:弓張の檜湯

月洸樹は黒川温泉に2016年10月にできた比較的新しい超高級宿で、全8室と非常に部屋数が少ないです。

全8室ともが異なるコンセプトで作られているので、一度泊まっても残りの部屋が気になってリピートしたくなります。

✔︎難点として、立地が黒川温泉の中心街から離れた高台に位置しているため、徒歩で向かうのはしんどい問題があります。しかし、宿の受付に部屋から電話すれば直ぐに送迎してくれます。

料理が美味い(熊本県産赤牛や天草大王など)、風呂も広くて泉質も良い、部屋もセンスの良いオリジナルと最高の宿です。(今回紹介している旅館の中で一番おススメ)

参考)月洸樹へ実際に宿泊した記事はコチラ

 

加賀屋別邸「松乃碧」 石川

食べ物、飲み物が宿泊料金に全て含まれているオールインクルーシブタイプとして最高の宿」です。

ルームサービスや夕食時のお酒、バーも全て無料です。特に夕食時には森伊蔵ランクのお酒も飲み放題と大盤振舞いです。

元々、和倉温泉にあった銀水閣という旅館を加賀屋グループが買い取って、別邸としてリニューアルしたようです。

銀水閣時代から、内装は新しくしている部分も多く、前田家の茶室など移築したりと改良は加えているなど良い点もありますが、一方で悪い点もあります。

それは客室の浴室など、一部の内装は銀水閣時代そのままで、古さが消せていない点です。

僕は風呂の古さ以外、気になりませんでしたが、妻が「古いとこあるねー」と言っており、気になる人もいるようです。

一部の箇所の古さが気にならなければ、お金のことを気にせず飲み食いできるので、良い宿だと思います。

無料の茶道体験などのイベントも開催しているので、宿の中で丸一日過ごせるのも良い点です。

参考)加賀屋別邸「松乃碧」へ実際に宿泊した記事はコチラ

 

松島左勘(松庵)宮城

お忍びで人から見られず、ひっそり宿泊するのに最適な宿」です。

松島の中心街から離れた岬にあり、車でないとアクセスが難しいです。(松島の中心街へ行きたいときは宿の受付に言えば送迎してくれます)

3000坪の敷地にわずか11部屋しかない隠れ家的宿であること。岬に位置する宿なので高台にある部屋から松島の絶景を見渡すことができることが松島左勘の良い点だと思います。

一方で、食事については十分美味しいのですが、紹介した4つの宿と比べると若干劣るように感じました。(個人の感想)

鮮魚と季節の野菜を使った料理ですが、突き抜けた美味しさは感じられなかったという感想です。

宿の立地や雰囲気は素晴らしいので、隠れ家的にひっそりと宿泊したい場合にはおススメ。

参考)松島左勘(松庵)へ実際に宿泊した記事はコチラ

以下には、参考として超高級宿に1〜5割引で宿泊する裏技の記事を簡単に紹介しています。

●超高級宿には1〜5割引で宿泊しています。

⇒参考)超高級旅館を割引して宿泊する方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

旅を愛する30代。 妻とはオシャレ旅をするが、オジサン同士のダラダラ旅や、登山で単独行も好き。 47都道府県全てを旅行するのが目標で、行って良かったとこ、密かに狙っているところを紹介していきます!