言語切り替え

関西に安く旅行できる時期は1〜2月

関西旅行に行きたいけど、できるだけ出費は抑えたい!ただし、質は落としたく無い。

そんな悩みを解決する記事です。

本記事の内容

  • 関西の宿泊費が安い時期をデータに基づいて紹介(時期に関わらず宿泊費と交通費を下げる方法も)

旅費を下げるために重要なのは旅行が安い時期を知ることです。

なぜなら旅費が安い時期と高い時期で、全国平均で20%以上も差があるからです。

旅費には大きく「交通費」と「宿泊費」が含まれますが、特に「宿泊費」は時期によって大きく変動します。

本記事では関西の「時期による宿泊費」の高低に焦点を当てて紹介します。

関西に安く旅行できる時期を狙っておトクに旅行しよう!

関西の宿泊費が安くなるのは1〜2月です。

なぜならこの時期は観光客が少なく、宿泊施設(旅館やホテルなど)の空きが多いからです。

✔︎補足)宿泊費は観光客が多い時期に高くなり、少ない時期に安くなる傾向があります。(観光客数と宿泊費を比較した記事)

関西の観光客の月別の推移を見てみましょう。

月毎の宿泊費は観光庁のデータを基にして平均化。(データは宿泊の相場が大きく変動するイベントが無かった2019年を使用)

1〜2月は観光客が少なく、3〜5月と8,11月は観光客が多いことが分かります。

関東などもそうですが、比較的3〜5月の観光客が多いです。これは関東なら東京、関西なら大阪、京都などの大きな都市の観光客数が伸びていることが原因です。

暖かくなってきて、都市でのショッピングやイベントに参加する観光客が増えているのだと思います。

他の時期は、他の地域と同じく、8月はお盆の帰省や旅行、11月は紅葉シーズンで人が集まる傾向があるのだと思います。

そして、冬場(1〜2月)は寒い、ウィンタースポーツを楽しむ場所が少ないという理由から観光客は少ない傾向にあると思います。

しかし、関西には城崎温泉、有馬温泉、白浜温泉など名湯がたくさんあります。冬場(1〜2月)は関西に観光がてら温泉へ入りにいく絶好のチャンスともいえます。

実際、宿泊費は観光客が多い時期に高くなり、少ない時期に安くなることを確かめるために、ある一つの宿の部屋に注目して高い時期と安い時期の料金を比較してみました。

ホテルグランヴィア京都(京都駅直結)の宿泊料金比較

一例ですが、観光客数が多い時期(8月)に比べ、少ない時期(1月)は宿泊費が明らかに安いことが分かります。

上記グラフは関西という枠で宿泊者数の推移を取りまとめたものですが、参考までに関西の都道府県別宿泊者数の推移も載せておきます。

参考)関西の都道府県別の宿泊者数推移

大阪、京都の観光客数が多く、その他は横並びです。

他の都道府県と違って、京都は夏場(8月)の観光客数よりも春場(3〜5月)の観光客数の方が多いという特徴があります。

これは、京都の桜を見るためというのもありますが、修学旅行や卒業旅行が多いためだと思います。(実際に20年ほど京都に住んでいましたが、本当に春は旅行しにきてる学生さんが多い)

逆に京都は盆地なので、夏場は熱や湿気が逃げず、蒸し風呂状態になるため、観光客は少ないのでしょう。

冬場は底冷えといって、どれだけ着込んでいても寒さが貫通するという不思議な気候のため、観光客は少ないです。

他の関西の都道府県も、冬場は観光客が少なく、関西で温泉旅行に安く行くチャンスです。

京都で冬の金閣寺をみたり、有馬温泉や城崎温泉へ行って松葉蟹を食べたりなど、意外と満足度の高い旅行が可能です。

以上が関西に安く旅行できる時期の紹介になります。

参考)関西だけでなく、全国的に見て旅行が安い時期はこちら

参考記事の紹介)時期を選ばす旅費を下げる方法

安い時期に宿泊費と交通費をさらに安くする事で、コスパ最大の旅行が可能になります。安くするコツを纏めた記事を参考に載せておきます。

交通会社や宿泊予約サイトなど企業が行なっているキャンペーンやクーポンを利用する↓↓

✔︎宿泊費と交通費を下げるコツ

都道府県が観光客を呼び込むために行なっている割引を利用する↓↓

関西の都道府県が独自で主催しているキャンペーンも開催しています。(以下の参考記事)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

旅を愛するオジサン。 妻とはオシャレ旅をするが、オジサン同士のダラダラ旅や、登山で単独行も好き。 47都道府県全てを旅行するのが目標で、行って良かったとこ、密かに狙っているところを紹介していきます!