ANA一緒にマイル割は運賃が最大80%オフ!実際に利用した例で予約方法を紹介

この記事では

  • 一緒にマイル割は、お得か分からない
  • 予約の仕方が複雑で分からない

に実際の利用例を示しながら答えます。

一緒にマイル割の行き先別の割引率を見るとフライトの距離が長いほど、割引率が上がる傾向にあります。

大阪住みの管理人は、主に北海道や沖縄、東北へ旅行するときに一緒にマイル割を利用しています。(10回以上利用)

初めて使ったときに、マイルと現金を併用しての特殊な特典航空券だったので、「お得なのか分からなかった」「予約方法が極めて分かりにくかった」という問題がありました。

何回も利用して「遠くへ旅行するなら、お得」「簡単に予約する方法」が分かったので紹介します。

一緒にマイル割はお得!理由とともに予約方法も紹介

初めに「一緒にマイル割」の概要を簡単に紹介します。既に知っている場合は読み飛ばしてください。

一緒にマイル割とは1万マイルを使用すると以下の特典が受けられるサービス(特典航空券)です。

  • 本人:国内線が往復無料
  • 同行者(1〜3名):運賃が50〜80%割引

年末年始とお盆以外なら搭乗日前日までの予約で、いつでも使えます。(GWも利用可能)

特に、遠方に旅行するほど運賃の割引率が高くなる傾向があります。

以下でANAで最安と言われている特典航空券「スーパーバリュー75」と価格を比較しながら、本当にお得なのかを紹介します。

遠くへ旅行するなら一緒にマイル割が絶対お得!

✔︎一緒にマイル割を使って妻と宮古島へ

一緒にマイル割を使って大阪⇄宮古島をフライトした時の例で価格を比較しました。(二人旅)

結論は、一緒にマイル割の方がスーパーバリュー75よりも30%程度安かったです。

以下で詳しく比較します。(計算過程は不要の場合は「予約方法:一緒にマイル割までスキップ」)

まず、比較対象となる「スーパーバリュー75」の価格を調べました。旅行した日付と同日の往復運賃は二人で68160円でした。

一方で、一緒にマイル割の価格は31000円+1万マイルです。

まとめると以下のような価格になります。

特典航空券(2名往復) 価格(円またはマイル)
一緒にマイル割 31000円+10000マイル
スーパーバリュー75 68160円
参考)マイルのみ 42000マイル

一緒にマイル割はマイルを使用しているため、単純に金額同士での比較はできません。

なので、マイルのみを利用した特典航空券の価格を加えて比較できるようにしました。

マイルの価値は、国内線なら「1マイルは3〜5円」と一般に言われていますが、それはある意味「」です。

なぜなら、1マイルの価値を算出するときに利用した航空運賃は正規料金だからです。

そもそも正規料金ではなく、スーパーバリュー75のような格安運賃と比較する場合は、マイルの価値は低くなります。

実際に上記のANAスーパーバリュー75の価格とマイルを比較すると1マイルの価値は1.6円になります。(68160円÷42000マイル)

一緒にマイル割に使用する10000マイルに1.6円をかけると16000円の価値になります。

つまり、一緒にマイル割の価格を全て円に換算すると47000円相当になります。(31000円+16000円)

ANAスーパーバリュー75の価格が68160円なので、約30%ほど一緒にマイル割の方が安いことが分かりました。

以下で予約方法を紹介しますが、その前に「一緒にマイル割」の利用には注意点があります。

それはキャンセル規定が厳しい点です。

キャンセルすると「マイレージクラブ会員10000マイル」と「同行者の費用50%」が没収されます。

絶対に他の予定が入らないタイミングでの利用をおススメします。

予約方法:一緒にマイル割

端的に言うと、以下3ステップで一緒にマイル割を利用できます。

  1. ANAマイレージクラブに登録
  2. 一緒にマイル割専用ページから予約
  3. 運賃の支払い(予約メールにリンク記載)

それぞれ、以下で紹介します。

ANAマイレージクラブに登録

ANAマイレージクラブ会員の登録画面から会員登録します。

名前や生年月日、住所などの基本的な個人情報を記入していきますが、途中にパスポートの氏名を記入する箇所があります。

もしパスポートを持ってなくてもローマ字で名前を記入すれば登録可能です。

登録自体は5分もあれば完了します。

一緒にマイル割専用ページから予約

登録完了後(10桁の会員番号発行後)は、一緒にマイル割のログイン画面から予約を進めます。

規約や行き先ごとの料金を確認の上、ページの一番下にある「ご予約はこちら」からログインします。

✔︎行き先ごとの料金はコチラ(2021年3月28日~10月30日分)

行き先、日程を記入していきます。一例として、割引率が80%の石垣島を行き先にして、搭乗日を選択して「検索する」をクリック。

往路と復路のフライト便を決める。

「空席有り」の箇所のみ選択可能です。

調べた時点では満席でも、日を開けて見直すと空いていることがあるので、こまめにチェック。(直前の日程ほど空きが出ます)

自分と同行者の情報を入力する。

フルネームと年齢が必要なので、特に事前に同行者へ聞いておく必要があります。

ページ下の方にある「予約する」ボタンを押すと予約完了。

予約が完了しても、支払いをしないと自動的にキャンセルされてしまいます。支払いの仕方は以下で簡単に紹介します。

運賃の支払い

予約した日の内に支払いをしないとキャンセルされます。

マイレージクラブ登録時に設定したメールアドレスに、予約確認メールが送られてきます。メールに「購入手続き」のURLが添付されているので、クリックして支払いを行います。

決済方法はクレジットカード、コンビニ、金融機関での振込が選択できます。

夜遅くに予約した場合、コンビニでも決済が間に合うか微妙なので、なるべく昼間に予約した方が良いです。下の例だと予約→決済まで24分の猶予しかないです。

参考)一緒にマイル割はANAカードで支払うと、お得

一緒にマイル割を使うにはマイルが必要なので効率よく貯める方法があると便利です。おススメのANAカードを簡単に紹介します。

一番コストが優れているのはANA VIZAワイドゴールドカードです。

⇒参考)ANAカード同士でコスパの良いカードを比較した記事

マイル獲得について、下記のようなメリットがあります。

  • Vポイントからマイレージ移行手数料が無料(一般カードの場合、1ポイント=2マイルにしようとすると6,600円税込)
  • ボーナスマイルが入会・年度継続時に2000マイル付加
  • 搭乗ごとのボーナスマイルが一般カードの2.5倍+25%

要はマイルがどんどん貯まります。飛行機に乗らず、買い物や家賃、光熱費の支払いで貯まったポイントをマイルに替えています。

ANA VIZAワイドゴールドカードを使って一年で76万円(月6万ちょっと)決済すれば10000マイル貯まります。

⇒参考)ANA VIZAカードの簡単な作り方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

旅を愛する30代。 妻とはオシャレ旅をするが、オジサン同士のダラダラ旅や、登山で単独行も好き。 47都道府県全てを旅行するのが目標で、行って良かったとこ、密かに狙っているところを紹介していきます!