大阪でフグを食べるなら小路の「あじ平」が一番!

実は大阪ってフグが安く食べられるんです。

 

東京の半値くらいで食べられるので、フグ好きにとっては堪らない場所なのですが、フグの料理店が乱立していて、何処が美味しいお店なのかぱっとしません。

 

そこで、大阪在住で食べ歩きが好きなゆうぼんが、独断と偏見で美味しいフグ料理店をチョイスしました!

 

色々勘違いして来店した結果本当に美味しかったので紹介します。

 

大阪でフグを食べるなら小路の「あじ平」が一番!

大阪駅から地下鉄で30分ほどの距離にある「あじ平」は食べログでも非常に評価が高いフグ屋さんです。

 

大阪の繁華街、梅田や難波から少し離れた立地にも関わらず、人気でクチコミも良いのが気になり行ってきました。

 

店の前にはフグのヒレが干されています。「ひれ酒」用かな?

 

店内は落ち着きがあって綺麗な内観となっておりお客さんで賑わっています。掘りごたつとテーブル、カウンター席がありましたが18時過ぎには、ほぼ満席でした。

 

元々は美味しいフグの白子が食べたいよねっ!という理由で訪れたのですが、残念ながら暖冬で未だ入荷がないとのこと。予約の際に白子があるかないか問い合わせすれば答えてくれるそうです。

 

代わりに大きな松茸がカウンターにどっさり置いてありました。

 

福島にも「あじ平」というフグ屋さんがあり、その本店かなと勝手にタカをくくっており大将に聞いてみましたが完全に別のお店とのこと。。。料理のジャンルが同じで同じ店名なので、勘違いしてしまいました。

 

前置きが長くなりましたが、いざ実食です!

 

メニューはとてもシンプルです。

  • てっちり
  • てっさ
  • ぶつ切りてっさ
  • 湯引き
  • ふぐ唐揚げ
  • なべ皮
  • 白子(季節のみ)
  • 雑炊
  • うどん
  • もち

余談ですが、飲み物もビールやチューハイ、日本酒などの基本的なラインナップは押さえてあるものの種類は少ない(減らした)です。

 

大将いわく、昔は日本酒なども種類を揃えていたけどお客さんが全然注文しないし、無駄にスペースばかり取るから無くしたそうです。

 

初めはビールを注文して、フグのてっさから食べていきます。

●てっさ

厚みがあって、コリコリとした食感が堪りません!たまに食べる他のフグ屋さんやスーパーのフグのような水っぽさが無く新鮮そのものでした。

 

次にフグの唐揚げを頼みましたが写真を撮るのを忘れました。。。美味しかったのですが、フグの食感が少し損なわれているようで、個人的にはそこそこといった感じです。

 

そして次は楽しみにしていたてっちりです。プリップリのフグが出てきました!

●てっちり(1.5人前)

付け合わせの野菜も美味しく大変満足です!てっちりを食べると日本酒が飲みたくなり、店員さんに尋ねると取り扱いは「大関 生貯蔵酒 13度 [瓶]」の一種類とのこと。

 

常温、冷やした日本酒のどちらでも選ぶことができます。飲みやすく、てっちりとの相性も抜群でした!

 

最後に雑炊で〆ましたが満足度の高いフグ屋さんでした。大阪でフグを食べるなら「あじ平」一択と思って帰るときに次の予約を入れました!年末年始は予約でいっぱいだそうで、早めの予約がオススメです!

※2019/12/29追記

フグの白子を食べに再訪しました。何度来ても、やっぱりここのフグは最高ですね!飽きません。

▼フグの白子タレ焼き

▼フグ生白子

生かタレ焼きなら、タレ焼きの方がオススメです。焼かれてトロッとした白子は最高です。店員さんのオススメも他のお客さんのオーダーも白子はタレ焼きが多かったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

旅を愛するオジサン。 妻とはオシャレ旅をするが、オジサン同士のダラダラ旅や、登山で単独行も好き。 47都道府県全てを旅行するのが目標で、行って良かったとこ、密かに狙っているところを紹介していきます!