国内旅行の費用節約術!格安で豪華な旅をしてみませんか?

格安で、「豪華な旅」してみませんか?

 

豪華な旅と言うと、お金持ちがプライベートジェットやクルーズ移動し、超豪華なホテルに泊まるようなイメージを持っているかも知れませんが、そんな大それたものでは無いです。

 

「新幹線や飛行機を使って、豪華な宿に泊まる」レベルの旅行です。ただし、世間で知られている価格よりも圧倒的に安くすることができます。

 

旅行代金を安くするには何にどれだけ費用がかかっているのかを知る必要があります。そこで、旅行費用の目安になるのがじゃらんリサーチセンターによる「じゃらん宿泊旅行調査2018」の調査結果を見てみましょう。

 

2017年度の1回あたり(大人1人あたり)の宿泊旅行費用(個人旅行)は4万9200円。内訳は現地小遣いが1万6200円、移動費1万6000円、宿泊費1万7000円です。

 

現地小遣いの内訳はお土産代や出店での買い食いなど、用途が人によって様々だと思いますが「移動費」と「宿泊費」は明確で、旅行一回で合わせて3万3000円も使っていることが分かります。

 

したがって「移動費」と「宿泊費」を削減することが重要です。そこで、「移動費」を車で移動することで抑える、「宿泊費」をビジネスホテルに泊まることで抑える、など質を落として安くする方法は世の中に情報として共有化されていますが、疲れますし、リフレッシュしづらいです。

 

大前提として、以下の条件を守ってしかも格安に旅行する方法を紹介します。

  • 車を使わない(疲れない)
  • 旅館は一流(リフレッシュ)
  • 土日祝でも使える

それでは具体的にどうやって格安にするのか見てみましょう!

 

移動手段

疲れるので、車を使わないという前提の下、移動手段は飛行機、電車、「条件付き」で夜行バスを使います。

飛行機(ANA、JALしか使わない)

正規運賃の最大80%オフ
・ANA:一緒にマイル割                              ・JAL:おともdeマイル割

ANAやJALでも航空券の取り方次第でLCCよりも安くなります。しかも旅割は使いません、なぜなら75日も前から仕事の都合で行けるか確定できる人は多くないと思うからです。

 

ANA:一緒にマイル割、JAL:おともdeマイル割はマイルを使用することで予約者本人は無料、同行者は最大80%の割引を受けることが可能となります。

 

ANA:一緒にマイル割を使って、2名で大阪⇄宮古島に行ったときの注文書です。2人で往復31000円なので、1人片道7750円で宮古島まで行けています。

 

LCCや特典航空券でも、金曜→日曜という日程を考えれば、こんなに安くなることは、まず無いです。

●ANA:一緒にマイル割

●JAL:おともdeマイル割

ANA、JALともに予約者が10000マイルを使用することで同行者がANAなら21000〜36000円、JALなら15000〜36000円で国内を往復することができます。具体的に一人当たりの移動に必要な費用の例を見てみましょう。

具体例

例えば、東京-沖縄(往復):家族4名様でANA一緒にマイル割を利用した場合(通常期)の料金

上記の例だと東京-沖縄間の往復運賃が1人19500円で済む計算となります。全国平均の移動費(16000円)とほぼ同じぐらいで東京-沖縄をANAで移動することができます。

 

平日ならLCCの方が安い可能性もありますが、休日利用なら、ANA、JALのマイル割の方が席が空いている、しかも安いです。

 

LCCにも引けを取らない価格、むしろ安価に利用できるマイル割ですが、利用するためには10000マイルが必要となります。

 

普段マイルを使わないと、そもそもマイルとは何なのか、どうやって貯めるのかが分からないですよね。マイルとは何かを簡単に説明してから、効率良く貯める方法を提案します。

 

マイルとは買い物や飛行機に乗ることで貯められるポイントであって、集めると航空券に変えることができます。

 

マイルにはANAならANAマイレージバンク、JALならJALマイレージバンクといったように、航空会社毎にマイルを貯めておく銀行があります。

 

銀行キャッシュカードのようにANAならANAカード、JALならJALカードにマイルの情報が記録されて引き出す(航空券へ変える)ことができます。

 

よくANAカード、JALカードというとクレジットカードのように思う方がいますが、正確には違います。これらのカード自体にクレジット機能は付いておらず、買い物はできません。

 

買い物をしてマイルを貯めるにはANAカードやJALカードをクレジットカードと紐付ける必要があります。

 

三井住友VIZAカードやアメリカンエクスプレス、セゾンカードなどのクレジットカードとANA、JALカードを紐付けします。

 

紐付けしたカードで買い物をすると、クレジットカード会社のポイントが貯まって、それをマイルに変えることができます。

 

つまり、

  1. 買い物でクレジットカードをポイントを貯める
  2. クレジットカードのポイントをマイルへ変える
  3. 貯まったマイルを航空券へ変える

この3ステップでマイルが航空券に変わります。1→3でどれくらいマイルが貯まるのかはクレジットカード会社のマイル還元率で変わります。

 

還元率によってマチマチなんですが、すごくざっくりいうと通常のクレジットカードでは、およそ100万円使えば、10000マイル貯めることができます。

 

100万円と聞くと大きい金額のように感じるかもしれませんが、意外と使っているものですよ。

 

総務省統計局の調査によると、2018年度の単身世帯の年間支出額は195万3996円(月あたり16万2833円)、2人以上の世帯の年間支出額は344万7780円(月あたり28万7315円)です。

 

つまり、単身世帯であっても友人や彼氏、彼女と年間2回、2人以上の世帯では家族で年間3回はマイル割を使って旅行に行けます。

 

公共料金や家賃ですらクレジットカードで払える時代ですからね。必要なものは、どんどんクレジットカードで払ってマイルへ変換するのがおトクです。

 

もっとマイルを貯めたい場合はクレジットカードの年会費を少し払えば、76万円以内の決済で10000マイルを安定的にゲットする方法があります。詳しくはマイル割(ANA:一緒にマイル割)の記事を見てください↓↓↓

ANA VIZAワイドゴールドカードがマイルの還元率が高く、コスパが良いです。

●ANA VIZAカード(登録すると最高1マイルもらえます)ANA VISAカード

新幹線

飛行機を使う程、遠くもないけど車では行きたくない距離や山道など運転したくない旅行を想定しています。

 

東京-新大阪間などは飛行機で移動するほどでもないけど、車だとダルい距離で新幹線での移動がぴったりです。

 

しかし、高速鉄道である新幹線はJRの独占市場となっているので中々安くなりません。

 

また、JR九州、西日本、東海道、東日本、北海道と会社がそれぞれ分かれており、独自の割引を作っているところもあるため、割引システム自体が非常に分かりにくい問題もあります。

 

分かりやすくJR九州、西日本、東海道、東北、北海道それぞれで最も安くなる区間、割引を代表例はこちらになります。

 

  • JR九州
正規運賃の最大54%オフ
 ・区間:博多〜熊本                                    ・割引率:つばめ限定;54%                      →割引後の料金2:2350円                            ・割引率:乗車限定無し;50%                  →割引後の料金:2570円

九州新幹線は、博多~熊本間で強烈な格安チケットがあります。「九州ネット早特7」が信じられない程安く、博多~熊本間の割引率がなんと約50%になります。少し時間がかかっても良いなら「つばめ号」にしか乗れない「つばめ限定 九州ネット早特7」を使うと約54%の割引率になります。

  • JR西日本
正規運賃の最大44%オフ
 ・区間:新大阪〜博多                                ・割引率1:こだま限定;44%                  →割引後の料金1:8500円                            ・割引率2:乗車限定無し;33%              →割引後の料金2:10290円       

JR西日本はバリエーション豊かに色んな割引率の高いお得なきっぷを出しています。特に素晴らしいのが、「スーパー早特きっぷ」で、新大阪~博多間の割引率は驚異の約33%もあります。「のぞみ」への乗車も大丈夫ですが、インターネット予約限定で、14日前までに購入しなくてはならない制約があります。

 

少し時間がかかってもいいから安さを重視する場合、新大阪~博多間で最も安いのは、「こだま早特往復きっぷ」で割引率は、なんと約49%にもなります。

 

「こだま」にしか乗れず、14日前までの発売で、往復でしか販売しない、という制約の多いチケットですが、予定がしっかり立てられていて、かつ滞在先で数日過ごすときには便利です。

  • JR東海道
正規運賃の最大27%オフ
 ・区間:新大阪〜東京                                  ・割引率1:こだま限定;27%                    →割引後の料金1:10500円                            ・割引率2:乗車限定無し「早特21」;20%    *21日前までの予約が必要                          →割引後の料金2:11000円                          

JR東海道は新大阪-名古屋-東京という主要都市を結ぶ路線であるせいか、強烈な割引の効くチケットは有りません。

 

しかし、21日前から予定が組めるのであれば「EX早特21」を利用すると正規料金よりも20%安く東京〜新大阪間を移動することができます。「のぞみ」への乗車も大丈夫ですが、インターネット予約限定で、21日前までに購入しなくてはならない制約があります。

 

一方、時間は多少かかっても良いから安くしたい場合は「ぷらっとこだまエコノミープラン」が便利です。JR東海ツアーズの商品ですが、東京~新大阪の割引率は約27%で、人気路線の東海道新幹線としては素晴らしい割引率です。

  • JR東日本
正規運賃の最大35%オフ
 ・区間:東京〜仙台                                    ・割引率1:やまびこ、とき、あさま;35%  →割引後の料金1:6870円                          ・割引率2:はやぶさ;25%                          →割引後の料金2:8170円

JR東日本が運営するエリアの新幹線で販売されているインターネット専用チケットが「お先にトクだ値」です。割引率は列車によって異なりますが、多少時間がかかっても良いから安く行きたい場合は「やまびこ」や「とき」「あさま」で最大約35%割引の適用を受けることができます。とにかく早く!という場合は「はやぶさ」で最大約25%割引です。

 

  • JR北海道
正規運賃の最大40%オフ
 ・区間:新青森〜新函館北斗                      ・割引率:乗車限定無し;40%                     →割引後の料金:4050円            

JR北海道の「お先にトクだ値」です。北海道新幹線の新青森~新函館北斗間で、最大40%の割引率が設定されています。

 

新幹線は高いです。しかし、値切れるなら話は別です。新幹線に乗って豪華な旅に出かけましょう!

 

夜行バス

「豪華な旅に夜行バス?」と思うかも知れないですが、お金の問題では無くて時間の問題がある場合に、旅行先での滞在時間を伸ばしてくれます。

 

忙しくて休みが中々取れなくても、滞在先でのんびりする時間を確保するというのも豪華な旅の要件です。

 

とてもピンポイントではありますが、夜行バスを使うタイミングは翌日が旅行で、その前日が仕事の場合です。

 

例えば、あなたが大阪在住、夏場に避暑地である軽井沢に行きたいとします。仕事が終わって翌日、新幹線で軽井沢へ向かうとします。

 

何時間かかるか知っていますか?なんと答えは4時間です。朝9時に新幹線に乗っても、到着は13時です。時間が無くて一泊二日しか滞在できない場合、時間が勿体無いですよね。

 

そこで夜行バスの登場です。当日の仕事上がりに夜行バスに乗って目的地へ向かうことで、移動時間のロスを無くせます。

 

夜9時に大阪駅(東梅田)夜行バスに乗れば、翌朝7時56分に軽井沢駅へ到着します。料金も7400円と新幹線の40%の価格で行けるので、バスで寝れる人にとっては最高の移動手段です。 

 

現地で時間いっぱい遊んで、帰りは新幹線で帰っても、行きの夜行バス分の移動費が浮くのでトータルで見ると格安です。

日本旅行で夜行バスを探す

宿泊

旅行で宿の費用を安く抑える方法自体はネットに山ほど公開されています。例えばビジネスホテルに泊まるだとか、レイトチェックイン(遅い時間にチェックインすると宿泊代が安くなるプラン)が挙げられています。

 

でも、ビジネスホテルに泊まるという考えは本記事では、無いです。何故なら、時間的メリットも無いし、費用を落として宿泊の質を落とすというのは、コンセプトに反するからです。

 

レイトチェックインについては、宿の質を落とすのとは別の理由で取り挙げません。確かに一流の宿でも、レイトチェックインプランがあり、価格も2〜3割程度安くなりますが、数が少な過ぎます。

 

自分が旅行に行きたいタイミング使えるプランでないと意味が無いですよね。いつでも使えて、しかも宿泊費が25〜55%安くなる方法を紹介します。

 

Relux

最大割引率:55%
①ポイントバック:5%                             ②クレジットカードの提携割引:5〜7% ③auスマートパスプレミアム割引:20〜50%

①は②、③と組み合わせることが可能です。

①+②の割引率:10〜12%

②+③の割引率:25%〜55%

ご存知でない方が多数だと思います。Reluxとは一流の宿を格安で予約できる宿泊予約サイトで携帯電話の会社auの子会社です。

1200以上の宿と提携しており、日本全国で幅広く利用することができます。

価格についても、あるピンポイントなタイミングで安くなることも偶にありますが、一般の大手宿泊サイトより同じ宿を25%以上、安定して安く予約することができます。

 

知名度がまだまだ低く、キャンペーンなどを打ち出して会員数を伸ばそうとしているため、大手と比べて安価なのだと思っています。実際に会員数は右肩上がりで2017年度には100万人を突破しました。

ですが、大手携帯電話会社のauの子会社になったのが2017年、auの宿泊事業の強化を目的にした企業買収なので、まだまだ会員数の増加を狙うものだと考えられます。(引用:KDDIによるLoco Partnersの子会社化について)

会員数の増加を見込んだキャンペーンが継続的にauスマートパスプレミアムというサービスで行われています。

auスマートパスプレミアム
最大割引率:50%
①auエブリデイ(土曜日):20%                   ②三太郎の日(毎月3のつく日):20〜50%

auスマートパスプレミアムでの割引は毎週土曜にReluxの割引クーポン(20%割引)という形と毎月3のつく日(3、13、23日)にReluxの割引クーポン(20〜50%割引)という形の2つで行われており、宿が限定されず日本全国で使えるのが特徴です。

 

実際にauスマートパスプレミアムのクーポンを使って、高級旅館に宿泊したときの注文書です。114480円が30%割引(34344円引き)となっているのが分かると思います。

継続的にクーポンが配信されていますが、いつまで続くかは不明です。旅行好きならauスマートパスプレミアムへの加入はお早めに!

auスマートパスプレミアムを知りたい!

 
クレジットカード

割引率:5〜7%

auスマートパスプレミアムと比べると割引率が見劣りするかも知れませんが、そんなことはありません。

 

じゃらんや、るるぶなどの価格と同じか安い価格から、更に10〜12%割引されると考えると、格安では無いでしょうか?

 

ただ、クレジットカードでReluxの割引を狙う場合は現在、何種類の中から作りたいクレジットカードで悩んでいて、そのうちの1種類にReluxの割引特典が付帯しているなら、それにしよう程度で良いと思います。

 

Reluxの割引が適用されるクレジットカードは以下のカードです。

  • ANA VIZAゴールド、プラチナカード

ANA VIZAゴールドの割引率:5%

ANA VIZAプラチナカードの割引率:7%

イチオシのカードです。Reluxの割引クーポンで格安で予約→Reluxの宿泊費をANA VIZAカードで払う→マイルが貯まる→貯まったマイルで一緒にマイル割を使用→・・・以下繰り返しが可能となり飛行機を使って旅行に行く場合、Reluxと組み合わせると最強のコスパを発揮します。

 

ただし年会費が高いのが難点です。ANA VIZAゴールドカードの年会費は14000円+税金、ANA VIZAプラチナカードの年会費は80000円+税金です。

 

ANA VIZAゴールドカードは紙の明細書からWEB明細書に切り替えることで1000円+税金、マイ・ペイすリボに申し込むと年会費が3000円オフになります。

 

これら割引を組み合わせると年会費を10260円まで安くすることができます。一方、ANA VIZAプラチナカードには年会費の割引はありません。飛行機を頻繁に使う、クレジットカードの利用額が多い人以外はANA VIZAゴールドカードの方がコスパ良いです。

ANA VISAカード
  • 三井住友VIZAゴールド、プラチナカード

ANA VIZAカードと同じでReluxの割引率はゴールドで5%、プラチナで7%です。

 

年会費は10000円+税金ですが、WEB明細書に切り替えると1000円+税金、マイ・ペイすリボに申し込むと年会費が半額または無料になります。

 

一方、ANA VIZAカードは三井住友VIZAカードと比べて、クレジットカードで貯めたポイントからマイルへの変換率が良かったり、空港のチェックイン時にエコノミークラスでもビジネスカウンターでチェックインできたりなど、飛行機周りのサービスが良いです。

 

頻繁に飛行機に乗る場合はANA VIZAカード、飛行機に頻繁に乗らない場合は年会費が安い三井住友VIZAカードがコスパ良いです。

以下のカードもReluxと提携していますが、特典が非常に限定的なので、ここでは説明を割愛します。高島屋や大丸、松坂屋などのデパートで頻繁に買い物する人は下記のカードもコスパ良いですよ。(デパートの商品を10%オフで買える特典などがあります。)

高島屋カード大丸松坂屋ゴールドカードエポスカード

年会費無料ならエポスカードがおススメ

ただ、わざわざReluxのためにクレジットカードを変えるくらいなら、キャリアをauに変えてauスマートパスプレミアムに入会した方がはるかにトクです。

紹介割引

auスマートパスプレミアムにも入りたくない、クレジットカードも作る、変える気は無いけどおトクに宿泊したい場合に一回限りですが、格安に泊まることができます。

 

以下の紹介コードを使ってReluxに登録すると、初回5000円オフで泊まれるクーポンが貰えます。いつまで続くか分からないキャンペーンなので登録する場合は、お早めに。

 

*招待した側、された側はお互いに特定されませんので、安心して利用できます。

【5000円オフ紹介コード】 →IP_B6O5O

紹介クーポンでReluxに登録する

食事

豪華な宿を取ると、ホテルや旅館で朝晩の食事が付いてくることが多いです。

 

しかし、現地の食事を自分で選びたいときもありますよね。そんなときは、あえて朝食のみのプランを選び、晩ご飯は街へ繰り出して行くと思います。

 

旅行先で食べたい食事が決まっているなら良い店を、おトクに予約できたら最高ですよね。食べログは有名ですが、意外と旅行のときは使えてないのでは無いでしょうか?

 

食べログ

食べログで予約しても、お店に直接電話しても同じ、と思っているのでは無いでしょうか?実はクーポンが配信されており、おトクに食べられる場合があります。

 

コース料理では無く単品注文でもお会計が10%〜20%引きになったり、初めの一杯の飲み物が無料になったりします。

 

旅行先で街をふらふらしながら、好きな料理屋に入るのも乙ですが、予め行きたいお店が決まっているなら食べログを活用してみては如何でしょうか?

一休レストラン

東京、名古屋、大阪、福岡など大都市に旅行する場合、一休レストランで予約すると、とんでもなく安くなる場合があります。

 

一休レストランは高級志向の強い方向けのレストラン予約サービスですが、実は料理のコース割引があります。

 

一流ホテル系の料理の割引が多く、割引率が高いものでは50%以上安くなる場合もあります。

 

もし、ホテルに宿泊していて晩ご飯をホテルで食べるなら、一休レストランから予約した方が圧倒的に安くなる場合があります。

 

移動費、宿泊費、食費を節約して豪華な旅は如何ですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

旅を愛するオジサン。 妻とはオシャレ旅をするが、オジサン同士のダラダラ旅や、登山で単独行も好き。 47都道府県全てを旅行するのが目標で、行って良かったとこ、密かに狙っているところを紹介していきます!